『パイレーツ・オブ・カリービアン』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



この日は秋葉原と銀座で予定があり、それと渋谷か下北沢のどちらかで悩んでいました。
謎解きイベント入れようか迷いに迷ったのですが、結果的に下北沢を選んで正解でした。


「パイレーツ・オブ・カリービアン」(タンブルウィード)


昨年11月の初演以降再演していましたが、ようやくこのタイミングで参加できました。
当日券があるっていいですよね。

さて、今回はカレーです。
カレーを食べるイベントです。
嘘です。
カレーというスパイスを入れた海賊風味の謎解きイベントです。

というか、カレーネタでかなり賑わっていますが、これ謎の部分もかなり良いですよね。
もちろんネタバレができないので謎については話せないのですが、とても良く出来ています。

以前のタブレットを使った『ゴライアス~』のように、今回の『カリービアン』もなかなかいい角度から謎のパンチをもらいます。
今回は失敗したのですけど、おそらく狙い通りに失敗してくれたという感じですw
…こう書くと、ガチガチな謎解きかと思いますが、要所でかなりゆるめの変則攻撃をもらいますw
ただ謎を解けばいい…というわけではないのも実に面白いです。
全体的に、謎というか謎に関わる構成が良く出来ていましたね。

多くの人にやってもらいたいですが、1つの公演では渋滞を考慮して4チームがギリ限界なので、また再演があったらぜひ行ってください。
公演前に(公演後に飲む)ドリンクを注文しますが……きちんと飲み物を注文するんですよ?

『鉄道探偵と8人の容疑者』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



これはいわゆる鉄道会社の周遊イベントです。
謎解きよりも推理要素が強めです。


「鉄道探偵と8人の容疑者」(タカラッシュ)


無料です。無料のイベントです。
(ただし交通費は除く)


ということで、都営地下鉄と京王電鉄がコラボした周遊イベントです。
鉄道会社2社がコラボということで、正直『乗車券』が面倒くさいイベントなんですが、1日乗車券だけなら1600円のイベントなので我慢しましょう。

◆必要なもの
・プレイ時間(最低4時間)
・スマホ(QRコード読んでWEB上で話を進める)

◆所要時間
ショートカットなく素直に早く解いても4時間くらいは見たほうがいいと思います。
自分らは(今回は!お誘いが!あったのですよ!)10時半~16時のランチ時間含めて5時間ちょっとくらいの所要時間でした。
なので普通に解く+食事休憩=余裕を持って6時間を目安としていいかと。

◆どこで手に入るか?
無難に新宿駅で冊子を手に入れてそのまま新宿駅スタートでいいような気がします。
冊子は改札の中にあるみたいですけど、駅のスタッフさんに言ったら持ってきてくれました。

◆乗車券はどうする?
京王と都営の1日乗車券を買った方がいいでしょう。
冊子を手にしてからの方が間違えて買わずに済むので安心です。

◆楽しいの?
万人に挑戦してもらえるように、極端に難しい謎・推理パートはありません。
なので難しい謎解くぞー、という人はただの苦行です。やらんでええ。
時間に余裕があって仲間とわいわいしたい人たち向けでしょう。

◆ブラックレーベル?
タカラッシュのブラックレーベルとしてイベントを出しています。
確かにストーリーが一部小学生向けではないような感じがしました。
個人的には「そっちか!」というストーリー展開で楽しめました。


他のイベントを外してまでやる…ほどでもないですが、ゆっくりゆったりと電車の旅ができるので、仲の良い友人・恋人・家族などで遊ぶのに向いていると思います。
謎解きとか初めての人と休日暇で何して遊ぼう…ならコレを選んでも良いと思いました。

また、列車で周遊というと某S社の周遊謎を思い出しますが、それより難易度はぐっと下げて、参加しやすさは広げた印象です。
QRコードを使いながら、各々のペースで解きながら手に入る新たな情報を整理しながら、時に探偵らしい推理力で突破するのは普通であればワクワクするものではないでしょうか。
「やっぱりこのシステムいいよね」というのもありました。
「やっぱりこういうシステムになるよね」というのもありました。
似て異なる地下謎と本イベントはこれが鉄道の周遊謎だ、というひとつの答えの提示でしょうか。

とても楽しく興味深かったです。

『鏖金財宝殺人事件』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



なぞとも428が場所を変えてリニューアルしました。
場所はどこかって?
渋谷のフーターズに行きましょう。
エレベーターの扉が開くとそこは「Wow!」なお姉さんがいます。
そんなお姉さんを見ながら左へ直角に曲がるとなぞとも428店です。
場所がいいですね。
あ、いや、フーターズがあるとかじゃなくて。
渋谷の地下道を通れば雨に濡れることなく駅から行けます。
ユニクロを経由すれば完璧ですからね。すごいぞなぞとも428店!!
ちなみに自分がいた日は19時にフーターズで謎のダンスショーイベントをしていました。


「鏖金財宝殺人事件」(あそびファクトリー)


そのなぞとも428店のリニューアルオープン記念の公演として行われたのが、あそびファクトリーの金田一シリーズでした。
3000円越えのチケットを428円で行うなんて、懐がすごすぎるぜ!!
なぞともも既存のCUBEだけではなく、公演イベントができるようにエリアを作ったのも今後を見通してでなのでしょうか。
1人なのでやりませんでしたが、目新しいCUBEがいくつかありました。

(ここまで一切イベントの感想なし)

この作品は噂では聞いていましたが、公演中全チーム失敗するなどの伝説を作り上げた金田一シリーズでは最難な作品です。
しかし無理ゲーなのかと言われるとそうでもない…というどこか某ライバル探偵を意識しているのかいないのか不思議な作品です。

で、今回は全員ソロの5人チーム。
1人少ないのがちょっとだけ不安ですが、みんな経験者ということで比較的サクサク進みます。
自分も珍しく小謎のたぐいはスムーズに解きました。

いわゆる大謎ゾーンに突入した時も比較的時間に余裕がありました。
そこで詰まりました。
『あぁ…これか…』
チームで協力しあいながら解き進めていきましたが、それでも詰まりました。
やれることはやった。
俺たちはやれるだけのことはやったんだ…。

鏖。
全チーム失敗です。


なるほどたしかに。
これは激ムズではないです。
そして解説を聞いた時の椅子からずり落ちそうになった脱力感は久しぶりな気がします。

再演は難しいとのことですが、まだの方、機会があれば狙ってみましょう。

『京都市左京区下鴨鴉ノ森下る黄泉町三丁目1番地幽霊荘』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



確かにホラーではありませんでした。その点においてはとても安心しました。


「京都市左京区下鴨鴉ノ森下る黄泉町三丁目1番地幽霊荘」(よだかのレコード)


本公演はなぞともさんが京都に新店舗をオープンされたということでの記念公演をよだかの本拠地で行ったものです。
つまりは関東での再演ですね。
40分で1チーム4名の人数で行われました。

なぞともさんということで場所を考慮してか様々な配慮がされていたのは流石。
ただ小謎を解くために歩き回って情報を写真にとってみんなで共有して…とか単調にならないような配慮は流石です。

ちょっとウチらのチームにはアイテム不備があったのはご愛敬ですが、それを考慮してもおそらく成功してなかったでしょう。
そう、失敗しました。
終盤まではそこそこのペースだったはずです。
部分的にどつぼにはまっていましたが、特別難しい感じもしませんでした。
しかしラストになってドーーーーンとした謎が。
これは果たしてボクらが知っている謎なのか。
この謎を突破するためにはかなり柔軟でキレのある頭が必要でした。
解説されても「なるほどね?」くらいな感じw

会場を後にして今回の謎の説明をしろ、と言われてもよくわからない状態でした。
おそらくそんな状態を察してなのか「解説のQRコード」を配布されたのです。

かゆいところに手が届く!

決してやさしくはありませんが、配慮の良さに感嘆した公演です。

『CAMPUS CRISIS』プレイ

この公演はネタバレ解禁になったので一部ネタバレがあります。
ご了承ください。



駒場祭。この日のお目当てはロンリーコロニーでした。
しかしチケットは彼方へと消えていったのですぐに諦めてこちらを目指しました。


「CAMPUS CRISIS」(モラトリズム)


正直期待はしていなかったです。
いやもちろん天下の東京大学を中心とした謎制作団体が行うんだからハズレはないとは思っていたけどそこまで期待はしていませんでした。
そもそも初めての団体だったのでどのような方向性の謎なのかわからなかった、というのが正直なところですが。

ですが。
なかなか良かったです。
いやなかなかなんて失礼ですね、とても良かったです。

3人の各ソロチームで1人未経験の方という構成で仲良く解いていきます。
小謎からそれなりの難易度があるので、未経験の方はかなり苦労されていました。
ようやく箱を開けると小さい箱。かかっている4桁錠の鍵。
そこで自分は『○んせん○○』の時点で『400?』だとあたりをつけて回して見るとビンゴ。
冒頭で「すべての謎を解く必要はありません」といわれたので、遅れている焦りもあって開けてしまいました。
まー、だけど結果的に全部の謎を解いていたら全然進めていなかったね。セフセフ。
で、結果的に大謎へ…という所だったのだけど。

1点だけ惜しかったのが最初から暗い箱に入っていたためか、蛍光が薄くて見えなかった点ですね。
ですが、そんなこともあろうかと『こんな感じに見えますシート』を用意していたのはエライ。

で、結局は失敗しました。
で、『CUBE≡』って何?
うんわかるよ。多分CUBEは立方体なんだろうなってことは。立方体も作ったし、CUBEだし。
ただCUBEは立方体であるけどCUBEが立方体とは一言も書いてないよね?
もうね、東大とかそういう以前の問題ですわ。自分の頭が。

(解説中)
俺「CUBE…の和訳…え、CUBEを日本語で?」
俺「箱かな…いやそれはBOXか。問題に書いてあるし」
俺「CUBEって日本語でなんて言うの?おそらく3文字…キユブ…いや違うだろ」
俺「まさか…CUBEは和訳にできない?和訳に見せかけた謎?」

本当に残念な頭です。
とても楽しかったです。関係者の方ありがとうございました。
そして謎だけでなく映像のクオリティもさることながら、某怪獣映画のパロながらとても面白く仕上がっていました。
総合的に高クオリティのイベントでしたね。
プロフィール

くに

Author:くに
謎がろくに解けないまま5年目に突入しました。
最近はいかに解くかよりいかに楽しむかに重きを置いてます。(逃げ
某団体で謎制作のお手伝いもしてます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク