『京大11月祭の謎解きイベント』簡単レポート

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。


今年の謎は今年のうちに!(これを書いているのは年末です)

今回の2泊3日の関西旅行・2日目です。
ここ最近謎解きイベントで東大に入ることができましたが、今度は西の京大にも入ってしまおうという目論みです。
文化祭の期間が長いのも驚きでしたが、謎解きイベントが5つもあるなんて素敵すぎます。
文化祭の謎解きひとつとっても西と東の違いが顕著に出てますね。


「人体からの脱出」(ハードナッツ)

何となくクラスタなチームでしたので、全体的に余裕をもって解くことができました。
「最後はこうくるんじゃない?」と予想クイズができるくらいだったので完全に力をもてあそんだ感じでした。
(註:もてあそぶほどの力は持っていません)
確かその回は全チームクリアするくらいのクリア率だったのですけど、かといって簡単なのかというとそうでもない。
手抜きでつくられているのかというとそんなことはない。
医学部ならではの設定世界観ながら、細かいところまで練られていました。
クリアできたことよりも楽しめた公演です。


「カラフル王国の試練」(ENIG-ROID)

クラスタ殺しですね。
クラスタを殺すためにつくられたような公演ですね。
はっきりいって自分はメイン(大謎とかの)の謎には見ているだけで関わっていないのですが、自分やらなくてよかった、という感じです。
自分には解ける気がしません。
チームの方が頑張ってくれて、4チーム中唯一のクリアでした。
しっかりと作りこまれた謎でした。
この団体は「ゆ」以外やっていないのですが、何となく他の団体ではできないタイプの公演だなーと思いました。


「デュアルルームからの脱出」(Locked MasterS)

楽しかった。
設定を上手に使っていて楽しかった。これはやる前から楽しいのがわかる。
(…正直、参加するまでとても不安だったのだけどね)
惜しくも成功ならずだったけど、設定とギミックの勝利でとても楽しめた。
「フカヒレ」の謎には感嘆した。


「とじられた教室からのエスケープ」(Skape)

自分だけが知らなかっただけなのか…司会者の顔みて驚いた。アレ、アレ、ドッキリ?そっくりさんではないよね?
どんな難解な謎が出てくるのかと思えばてんてこ舞いで右往左往するはちゃめちゃな謎解きだった。
正直、参加者多いし、小学生(以下?)もいるし、大丈夫なんかな?と思っていたけど、自然に各々ができることをしていてとてもよく役割分担ができていると思った。
子供たちも楽しんでいるようでなによりだった。
これも楽しかった。


あと1つだけ周遊タイプの謎があるのだけど、時間がかかりそうなのでどこまでできるかなーと思ったら、冒頭であの手の謎がきたので諦めちゃいました。
評判は悪くなかったので、ゆっくりやりたかったけど残念。
あと、イベントの間が5分くらいしかない!という状況があって、事前に動線を下見しといてよかったな、と思いました。


そんな感じであっという間に時間が過ぎたのでした。
どれも公演の内容がかぶることなくどの公演も特徴があって楽しめました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くに

Author:くに
謎がろくに解けないまま5年目に突入しました。
最近はいかに解くかよりいかに楽しむかに重きを置いてます。(逃げ
某団体で謎制作のお手伝いもしてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク