『関ヶ原からの逃亡』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



更新遅くなりましたが、1日で3公演の謎解きのラストです。
『シャルロッテ』『倫敦大法廷』ときて…『関ヶ原』です!

よだかのレコードさんが新宿に常設店をオープンさせたということでいつかはいきたいと思っていましたが、それが叶いました。
『新宿駅』からだとちと遠いのでメトロ『西新宿駅』からが便利です。
徒歩5分ほどと、近いのも良いですね!
途中にコンビニやファミレスなどがあるのもいいですね!
道もわかりやすいし、それに、会場がビル(マンション?)の1階というのもいいですね!
アクセス的には特に文句ありません。


「関ヶ原からの逃亡」(よだかのレコード)


で、会場時にぴったり着くとまだ自分だけ…でしたが、他に団体さんが来て2チームに分かれました。
部屋の広さもまあまああるので、多目的に使える感じもよく考えたなと思います。

…自分、歴史は大の苦手でして関ヶ原がどこにあるのかも知らないし、どちらが西軍東軍なのかも知りません。
知っていてもいなくても特に有利不利になることはないのでご安心を。
そしてアイテムもなかなか戦国感のある工夫がされていていい感じですね。

チームは経験値的に自分がビビリなリーダーになりましたが、もう一方のチームよりも先手を行くも、あと少しのところでタイムアップとなりました。ええ、逃げ遅れで死亡
自分たちが気づかない所をつかれていてあと3分あればかなりいいところまで…という感じでしょうか。

戦国感を出すためか、テーブルではなく床での作業になるので、紙類を覆いやすく影になりやすいので見にくい(自分らが移動すればいいだけだけど)のがもったいないと思いました。
きっと両チーム背を向けて作業すると思うので、ライティングも壁側から内側へ何かスタンドライトがあればこれ以上の文句はありません。
流石にテーブルでは雰囲気は出ないでしょうから色々と難しいところですね。

難易度はクラスタで固めればクリアはできそうですが、ヒミツキチ型より少人数で、アジト型よりもせわしなさがないほどよい難易度でかつ面白く設定されている公演でした。
ドラマチック
レキシチック

とくれば今度は理系を期待せざるを得ないですね!(勝手なわがままです)
最近は香港型といわれるギミック重視の会社が日本に上陸しましたが、個人的には日本式の謎解き公演が好きなので(行かず嫌いです)増えてくれるのはうれしいです。
9月には新作も行われたり再演もあったりと楽しそうなイベント盛りだくさんなので期待ですね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くに

Author:くに
謎がろくに解けないまま5年目に突入しました。
最近はいかに解くかよりいかに楽しむかに重きを置いてます。(逃げ
某団体で謎制作のお手伝いもしてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク