『解神』という神イベントに参加してきた

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



本日3月1日。謎解きの聖地『カルカル』にてこんな謎解きイベントをやっていました。
正直楽しみにしてはいたけど、まさかここまで興奮するとは思ってなかった脅威のイベントです。
感心、感動、感謝。3感王のイベントを個人的な感想含めて書いていきたいと思います。


「解神」(解神実行委員会)
http://tokigami.hotcom-cafe.com/


巷にあふれる様々な謎解きの王を決めるイベント。どれも個性はあってとても楽しいけど、一体真に謎が解ける人は誰なんだろう。それを決めるイベントでした。
コレを含めて似たようなイベントは他にもあるのですが、一番の違いは参加者の豪華さ。
このイベントのために独自の実行委員会を作り、今までの輝かしい経歴を持つ方たちを招待枠として集めるなど、もう参加者が豪華すぎて豪華すぎて。
(あえて名前は書きませんが、テレビに出ている有名人、あの番組に出た方、あの難問を解いた方など錚々たるメンバーです)

さて、早速ですが話はそれます。
皆さんはこんなイベントを知っていますか?
「京大謎解き王決定戦」
http://www.slideshare.net/escape_yagi/ss-41986380
昨年に京大の11月祭で行われた謎解きイベントです。
出題された問題をアップしていただいているので、まだやっていない方はぜひ挑戦してほしいです。
で、個人的には色々面白いタイプの謎解き王を決めるイベントがある中で一番コレがとても好きでした。

そしてそれから約3ヶ月後。
個人的に「京大謎解き王決定戦」とどう差別化をするのかを気にしていたのですが、両者にはちゃんとした違いがあったのです。
結論から言うと、
「京大謎解き王決定戦」は謎の種類が豊富かつ個性が強く、頭を程よくひねらされる良質なイベントです。
一方「解神」はパンと閃いて答えさせる単問が多く、圧倒的な謎の量を前に早押しボタンやキツキツな時間制限の中でいかにスタイリッシュに謎を解くかに着目したイベントです。

で、当日のイベントの内容に簡単に触れます。
最初は全員が解くペーパーテスト。
問題は画面に表示されて、1問30秒の全20問。
自分は12点というもう外を出歩けない点数でありましたが、果たしてこんな問題全問正解するやついるのかよ…なんて思ったらいるんですね!
解神ですからね!参加者の質が違いますからね!
参加者は100名ほど(うち招待選手は16名)いる中で、満点1人だけ、19点も1人だけという素晴らしい成績の方がいました。
そして結局予選通過ラインが18点だったということで、チケットを買った時点で勝負はついていたことを思い知らされました。来る途中のゆりかもめで緊張からお腹を壊している場合ではなかったのです。勘違いも甚だしいですね。
その後、招待枠での早押しバトルがあり、決勝ではトーナメント方式で3分15問の不可逆性ペーパーテスト対決があり、解神が誕生するのでした。

で、感想なのですが。
先に自分が感じた改善点を書きます。
カメラのアングルがもう少し見やすければ
あまりに早解きすぎて内容が追えない
の2点でしょうか。
解答している様子を写すのであれば、もう少し1つの問題に長く取り組めるような問題の方が好ましいと感じました。
で、今度は賛辞の方。
解答している様子を見せるという初(?)な演出には興奮しました。出した問題用紙に間髪おかずに書き込まれる答え。内容はよくわからないけど、ただ何となくスゴイということだけわかるという事実。解き方の実況とは少し離れましたが、観客を楽しませるには十分すぎる演出でした。
あえてMCを謎解き界のメンバーで固めなかったのも良かったです。司会力として十分な古川さんに普段謎に振れていない加藤さんというのが、内輪だけ楽しまないように公平さを保つという点で良かったのと、ちょっとだけ抜けた質問タイムもガチガチなイベントにならない有意義な時間でした。
解神を決める参加者のイベントでありつつ、早くも挑戦権を失った自分たちをも巻き込んで熱くなることができた素晴らしいイベントであり、他に類を見ない人生一の最高峰の謎解きイベントでした。
予選1の20問、予選2の20問×2、サドンデス用の問題、決勝の15問×7=165問+αの問題数を制作した今回の謎制作の方にもありがとうの言葉を送ります。

次があればまた性懲りもなく参加したいです。
別に決勝に行けない事はわかっているので、再びこのエンターテイメントが味わうことができるのであれば多少の無理はしてでも行きたいです。
今日はあの会場にいれたということが幸せでした。
関係者の方、ありがとうございました。
それと、見事解神になりました六角定規さん、おめでとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くに

Author:くに
謎がろくに解けないまま5年目に突入しました。
最近はいかに解くかよりいかに楽しむかに重きを置いてます。(逃げ
某団体で謎制作のお手伝いもしてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク