推理イベント2本立て!!

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



今日は謎解きではありません。タイトルにもある通り、推理イベント2本立てでした。
共に特徴のあるイベントでミステリーってちょっと…な方も受け入れやすい敷居の低い良いイベントでした。


「推理展示4-殺人事件-」(dp96s)
「D坂下のまぼろし殺人事件」


■「推理展示4-殺人事件-」(dp96s)
本イベントは21日22日の2日間にわたって原宿のSCRAPのヒミツキチに近い小さなギャラリースペースを用いて公演していた作品です。
公演は終了ですが、もしかしたら再演するかも…ということでネタバレ厳禁です。(しなくてもそうでしょうが)

ミステリーで公演…といえばイーピンさんが最大手でありクオリティーが高いですが、質も高ければお値段も高め、拘束時間もそりなりに…という感じです。
それを事件発生後の舞台のみを用意して、後は現場の様子と捜査資料というお手軽な形にまとめてググッと敷居もお値段も低めになっているイベントが本作です。

ミステリーのイベントとなるとどうしても犯人は誰だ?トリックは何だ?ということに重きを置かれやすいです。
凶器は氷柱状に尖らせた氷で…とかロープをあそこからそこへ引っかけて…とか、トリックの意外性を追求したくなりますよね。
確かにそれはそれで、はまればステキな作品になりますので否定はしません。
ですが、プレイした印象としてはストーリー性を絶対的に重要視している感じを受けました。
(これ以上追及すると内容に触れてしまいそうなので中略の後略します)

ちなみに、参加者のうち完全正解者の割合が30%ほどとの事。
自分もソロで挑みましたが、無事にその中の1人になりましたー!やったー!
金田一とかライトなミステリー好きレベルの自分で1時間半、カフェタイム除けば1時間10分くらいで結末までたどり着けましたし、真剣に挑んで2時間をひとつの制限時間として考えればいいくらいの感じでした。
現場は狭いため、徒歩5分くらいのカフェでパンケーキ食べながらコーヒー飲みながらの非日常感を味わいながら、ひとつひとつの設定が頭の中で繋がっていく感じはとても楽しかったです。
自分の中では推理というか妄想なレベルで話が繋がり、自信なさげに解答を出しましたが、それが合っていた時の喜びと言ったら!もう!

公式の方で呟かれているように『気軽にできる推理ゲームを目指している』とのことで、難易度も激ムズでもなく簡単すぎでもない程よい難易度でした。
仲間たちであれこれ意見を言い合うのもいいかもしれませんね。
ラフォーレ、ヒミツキチ、旧パズリッシュくらいの店しか行ったことのない自分にとって、何気に住宅街であることに驚いたりと新たな発見もあり楽しかったです。


■「D坂下のまぼろし殺人事件」
本イベントは千駄木の「Cafe Gallery 幻」にて行われている推理・探偵などをモチーフにした作品展示会で行われている推理イベントです。
期間は本日から3月1日までですが、休廊日や開店時間に特徴があるので必ず確認してから行ってください。(時間を忘れて30分早く行った自分がいます)

こちらのスペースはさらに小さいです。店内に…5人いたら気を使い、10人いたら身動きとれないかな、という感じです。
ですので空いている時に行くのをお勧めします。(平日や開店直後など)

ちなみに推理イベントは無料です。そしてスペースの関係上もあって、10分前後で終わると思います。
なのでこのために行く…ほどではないのですが、1つの『展示作品』として良い出来栄えだったと思います。
あとは人数が多いと本当に何かと苦労すると思うので、人が大勢いない時間を狙ってほしいだけです。

で、謎解き好きさん向けとしては「Q♡pid」さんが持ち帰り謎を販売しているので、池袋に行きにくい人は買ってもよし。
と、謎は関係ないですが、個人的にお勧めしたい「飴細工 吉原」さんで伝統の飴細工の素晴らしさを感じてほしいとも思います。


本日はイクスピアリでイーピンさんも公演しており、何気に推理イベントデーだったのですが、人生謎だけじゃない、ということを知るいい機会でした。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くに

Author:くに
謎がろくに解けないまま5年目に突入しました。
最近はいかに解くかよりいかに楽しむかに重きを置いてます。(逃げ
某団体で謎制作のお手伝いもしてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク