fc2ブログ

『マインドコントロールからの脱出』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



サブタイトルで『タピオカ教団の野望』がつきます。
初めての団体でしたが、サイトをみてピンときた方もいるはず。
『マンガで分かる心療内科』のゆうきゆう先生の(が関わっている?)団体です。


「マインドコントロールからの脱出」(IQクリニック)


さて、本題。
といいつつも、もし再演あるなら『マンガで分かる心療内科』を読むことをオススメします。
公演からちょいちょい醸し出されているのです。
ここはボケたほうがいいのか、いやいや今はゲーム中だ、しかし……と脳内会議すること間違いなしです。

さて、本題。
驚くことに今回は個人戦(自由にチーム組んでいいよ)でした。
一般に、こういった謎解きゲームでの個人戦(自由にチーム組んでいいよ)ってほぼほぼ1人だと無理ゲーになるんですよね。
しかし、今回は安心!
会場が建物のワンルームなので、移動しなくてよく、ヒントブースがあります!
しかものこり10分にならないとヒントもらえません~ということもなく、なんなら最初からヒントガン見できます。
(このシステム、新発見では…)
下手に回数制限なんてすると謙虚ぶって行かないなんてこともあるものの、いつでもウェルカム!にすると意外と最初は頑張って、大変そうな時に自主的に行くものです。
後半になるとヒントブースに殺到するのでそこは戦略と思いやりが必要ですが、初心者・経験者共に良い救済になるのではないかと。

また、他の団体に参加したりすると感じる表に出てきにくい不満も原始的かつ画期的なアイデアで解決されています。
(これ、何気に発明では…)
妙に謎解きイベントというものに慣れていないからできたことかもしれません。
皆さん、もしかして『謎解きイベントってこうじゃないといけない』なんて思いこんでいませんか?
知らず知らずのうちにマインドコントロールされていませんか?

そして最後にゲームのやさしい解説と共に、現役の医師から有りがたい話も聴けるというのもなかなかレアなポイントかと。
もしかしたら、講義メインの中にゲームがあっても良いのではないかと思うほどでした。

ゲームは良いけど内装やら作りが……みたいな感想もありましたが、それを気にするのはもったいないと思います。
普通にゲームそのものは楽しめます。
これは謎解きゲームはこうだよねって思いこんでいる奴ほど行かせたい公演ですね。
「謎がね…これはダメでしょ」
「世界観が残念だよね」
とか息を吐くように言えるやつをリアルに閉じ込めたくなるような感じです。

自分も今回ソロでしたが、たくさんのヒントやたまたまお隣にいた神的な方と少しお話ができたのでクリアできました。
ちなみに個人的には『ゴンチャ』のタピオカが好きです。持ち帰りもできるしね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くに

Author:くに
2013年5月に謎解きイベント初参加。
現在は謎制作側にもまわりつつ、ゆるく謎解いてます。
セカセカ系は好きじゃない。のんびり解こうよ。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク