『暗闇の密室』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



さて、今回11月2日から4日にかけて関西旅行へ行ってきました。
その3日間で4つの謎解きイベントをしてきたので感想を中心に書いていきます。
ちなみに、中の人のスペックは『自己紹介』をご覧ください。


「暗闇からの密室」(クロネコキューブ)


自分にとっては初クロネコさんです。
現在なぞともカフェ新宿店で「ようこそクロネコ病院へ」をやっていますが、まだ未プレイです。

最寄りの駅が「甲南山手」駅。
そんな聞いたこともない駅の行き方を事前に調べて到着してみると完全なる住宅街でした。
果たしてこんな街中にイベントできるような建物はあるのだろうかと不安になりながら歩くこと数分。
ありました。
ちなみに地図を見るとちょっと遠そうですが、想像以上に駅から近いです。文字通り数分で着きます。

いわゆるSCRAPや東京ボウスみたいなアジト的な感じの小さ目のビルを借りて常設に近い形でやっていると自分は判断しました。(違っていたらごめんなさい)
そして今回の参加者は6名……の予定が1人来ずで5名。
カップル・カップル・俺という実に素晴らしい組み合わせです。
時間になると、内容や時間やらを丁寧に説明してくれます。
そして会場へ(といっても隣の部屋)行くのですが、

うん、暗闇です。(註:これだけ書いてあるのだからコレはネタバレにはならないよね?)

こんな暗闇でどう謎解きするんだ、と思われるかもしれませんが、それを書いたら完全なネタバレなので書きませんw
ま、でも楽しかったー!
んで、最終的には脱出成功!
以下、個人的な感想です。

このイベントのターゲット層は『謎解きイベント何回か行った事ある人向け』であると感じました。つまり初プレイ向けではない、と。もちろん、お初の人でも楽しめるのですが、世間的な謎解きイベントとは設定がやはり特殊なので、ついていけない可能性があるからです。
今回も他4名は謎解き経験者であり、そしてとても優秀であったため、自分は特に何かをすることもなくあっという間に終わりましたw
そして人数。
今回5名でしたが、ギリギリであるような気がします。定員は聞けませんでしたが、参加者全員が経験者である前提ならば4人が最適な感じです。現に俺は殆ど活躍していませんwww
そして謎の量。
人数を多くするのなら、比例して謎の量も増やしてほしいと終了後に感じました。そして全員が確実に謎に触れられるような設定や仕組みがあったらかなり素敵な公演になると思います!


なにはともあれ、このブログで最初に取り上げるイベントが特殊形式のイベントであるということは、謎解きイベントが増えて来ている証拠です。
そして関西に旅行しながら謎解きイベントはしごができる時代にきました。
これからも根を広げていただきたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くに

Author:くに
謎がろくに解けないまま5年目に突入しました。
最近はいかに解くかよりいかに楽しむかに重きを置いてます。(逃げ
某団体で謎制作のお手伝いもしてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク