fc2ブログ

『さよなら、僕らのマジックアワー』プレイ

このブログは内容の直接的なネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



タイミングが良いときに行きたいなーと思ってました。
でも休日より空いてる平日の方が導線も良いのでは?と思って前日にチケとって行きました。


「さよなら、僕らのマジックアワー」(SCRAP)


失敗しました。
ですが、それは大きな問題ではないと思っています。
いやもちろん、失敗したことは残念なのだけど、それ以上に感じとれた何かというか…。

これ系の前作(?)で『きみあす』といわれる公演がありましたが、それを超えましたね。
作品として間違いなく超えてます。
ストーリーが感動です、とかそんな次元ではない。
感動するかもしれない。涙を流すかもしれない。
でも評価するべきはそんなレベルではない。
作品として全てが超えてます。

個人的には解説のあのやり方がすばらしいと思いました。
ゲーム終了で司会が来てはいそれでは振り返りましょう~とかではない。
これをただの謎解きゲームという概念で動いていないのが感じてとれました。

また、謎の自然かつ必然感もすばらしい。
ここまできたら謎なくてもいいんじゃね?と思ってしまいそうな(いやなかったら参加しないな)作品です。
スクラップでしかできないものが誕生しました。
これは多くの人にやってもらいたい。
地方公演は色々あって難しそうなので、来よう。
紙質とかタブレットを駆使して、とかそんなじゃない。
確かに間違いなく僕らはそこにいた。
コラボものしか興味がない人にも今遊ぶことができる史上最高の公演です。
ゼヒに。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くに

Author:くに
2013年5月に謎解きイベント初参加。
現在は謎制作側にもまわりつつ、ゆるく謎解いてます。
セカセカ系は好きじゃない。のんびり解こうよ。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク