『歯車館の遠き思い出』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



今日は2公演遊びました。これはその1つ目。
両公演がとても対照的なので、かなり印象強く残りました。


「歯車館の遠き思い出」(JOKER PROJECT)


前評判から、公演の謎がとてもすごいというのが伝わってきました。
そのすごさは先日土浦での2つの再演を経験したので想像できたのですが、その想像を超えたものでした。
謎のネタバレは書かないのですが、正直どこまで書いていいのか…謎に触れない程度でいうと『70分』公演でした。
この時点で察することができる人が多いと思います。

個人的には前日から謎制作やデバックやら謎欲を高めている状態です。今日はうかつにはやられないつもりでいました。
ですが、この作りこまれた謎にはやられました。
よくつくったな、と。
やればここまでできるのか、と。

公演中に「すげーな」を何回言ったのか。
もうここまでくれば謎解き公演型パズル作家としてやっていけるんじゃないかと勝手に思ってしまうくらいには十分な謎の数々でした。
あ、一応成功しました。チームの方が頑張ったので。(自分は見てた)

そして映像や音楽も自分の中でストライクであったのでとても満足することができました。
最後なんかは今話題のあの映画(意識してないと思いますが)を思わせる感じですね。

ただ、すごすぎて、自分の好む公演から突き抜けてしまった感じです。
とてもすごいのはわかります。文句は何一つありません。
ただ、自分がパズバコとかにあまり興味をひかれないのは「すごいであろうのはわかってる」で終わらしているので、あまりにガチすぎても「すごいんだろうね」で終わらしてしまう可能性があるからで。
確かSCRAPでも2時間くらいのありましたよね。行ってはないですけど、そっち系なんだろうなと。
自分がこんなところで垂れ流していても、謎としても公演のレベルとしてもすごいのは事実ですし、多くの方に支持されているのは知っているので、個人の戯言として処理していただければ。

好き嫌いはともかくとして、すごいよ。
クラスタにはオススメだよ。
その辺りは間違いなくお伝えします。

そしてまた別の公演があるのであれば、またJOKER PROJECTらしくそしてまた違う一面が見れるのかなと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くに

Author:くに
謎がろくに解けないまま5年目に突入しました。
最近はいかに解くかよりいかに楽しむかに重きを置いてます。(逃げ
某団体で謎制作のお手伝いもしてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク