『アガらないフロアからの脱出』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



60分公演で当日券というのは初めてです。(多分)
それくらいその日まで気分的な落ち込みがあり、謎解きできるかどうかがわかりませんでした。
ですが、結果的には良かったです。


「アガらないフロアからの脱出」(よだかのレコード)


最近はどこもチケット戦争化していて非常につまらないので、当日券で入れる余裕があるのはとてもうれしいですね。
ええ、当日券があるという運営側からすると焦り的なものがあるのは十分に承知していますが。

よだかさんの常設に来るのも3~4回目?そんな中、今回チームになった3人(基本4人1チームです)はよだかの常設初めましてさんでした。
しかしながら9割以上の方が謎解き経験アリという今回の参加者たちが押し詰める中、脱出に成功したチームは自分らのチームだけでした。やった!

皆さん解くの早いですね。
開始直後から席を立って解き始めてます。自分はえーと何からすれば…というおじいちゃんです。逆に初心者感。
もう最近は自分は情報整理などをしながらゆっくり小謎1問解いたころには他の方が3問くらい解いているような状態です。
完全に先頭の足を引っ張っています。
しかしながら先頭の暴走を止めるべく、1人だけで説明読んで謎を解こうとする人がいるのであれば、自分はその説明書きを皆に見えるようなポジションで手をホールドする係です。
チーム戦だからね。1人で謎解きたいなら周遊謎で頼む。

時にチーム管理。
時にチームのお荷物。
時に他が必死に謎解いているのを横目にのんびり1人で情報整理マン。

そんなこんなで5分程残して成功しました!
小謎レベルで解き方確認するくらいの余裕があり、満足のいくチームでした。

結果的にはプレイしてとても良かったです。
よだかさんの世界観を作り上げる安定したレベル。
流石に会場が会場なので旧作『エウレカ』ほどではないですが、あの会場で出来るだけのことは全部やった感満載でした。
見事トンカツとDJを謎解きにコラボしてましたね。


そしてコラボものということで、やはり見られる範囲で元の漫画は見たほうがやはり楽しめます。(自分も見ました)
その日の晩御飯はカツ丼でした。ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くに

Author:くに
謎がろくに解けないまま5年目に突入しました。
最近はいかに解くかよりいかに楽しむかに重きを置いてます。(逃げ
某団体で謎制作のお手伝いもしてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク