『宇宙怪獣からの脱出』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



さて、本日は怒涛の3連続謎解きイベントです。
それを見越しての前日のうちにある程度記事を書いてしまおうという計算でもあります。
だからこの部分は昨日書いているのです。
まー、こんなことするなら謎解きの勉強謎制作とかすればいいのですがね。


「宇宙怪獣からの脱出」(SCRAP)


本日最初がいきなり大謎。強敵。やばいです。
たまたま午後の時間から予定を埋めていったら午前枠に余裕があって、チケットが買えそうだから行ってしまおー、なんて余裕をかまして買ってしまいましたが、今現在後悔しています。
ええ、今自分がしなければいけないのは謎解きよりも謎制作だと(汗)

ささ、本題に入りましょう。
今回のフライヤーを見て、自分は思わずにいられませんでした。なんだ、このB級感は。
今までの綺麗めなイラストとは対照的なキャラ絵のタッチ。どうしたんだ、SCRAPさんよ…そう思っていました。
特別HPもそんなどうしたんだ感満載。
まさかSCRAPがまさかの手抜きか?とも思えたこの作品……。
そんな事を思っていた過去の自分をタイムリープして殴りたい感じの出来栄えでした。
それほどにまで思う、良い公演です!

あえて狙っているこのB級感。
今回のチームは『お初の女性3人、経験ありのカップル、俺』というお馴染みの布陣。そんな経験者が少ない中ですが、結構な良いペースで進行していきます。
途中途中、襲ってくるこれでもかというB級感ですが、これは楽しんだ者勝ちの設定。
そしてラス謎到達に20分弱残して「今回余裕じゃねーー!?どうしたんだよSCRAPさんよー!」と余裕をかましていたのですが、結果は見事に失敗
ええ、20分前にタイムリープして自分を殴りたい感じの出来栄えでした。
B級感満載ながらも、謎はしっかりと安心のSCRAPクオリティ。
これでもか!というほどの様々な情報を華麗にスルーしていた自分が敗因です。
それだけにとても悔しすぎる公演でした。

まだ公演開始してから間もない感じ。現時点で成功率は1割ほど。
自分たちの回も16・7チーム中1チームしか成功していませんでした。
初心者オンリーではわからないけど、経験者がいれば決して難しい公演ではなく、とても楽しめる内容です。

最近会社に行くだけのそこのキミ、ヒーローにならないか?
助けたい人がいるキミにはぴったりの公演です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くに

Author:くに
謎がろくに解けないまま5年目に突入しました。
最近はいかに解くかよりいかに楽しむかに重きを置いてます。(逃げ
某団体で謎制作のお手伝いもしてます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク