fc2ブログ

2019年の振り返り

今回も例外なく年を越していますが、こっそり更新です。


まずは2019年の謎解きイベントに参加した数は14こ。(内ミステリは1こ)
謎解きイベントの謎制作は本(丸の内・映画コラボ・柴又・動物園)でした。


ちなみに過去のイベント参加数が(なぞともは除く)
2013年:30
2014年:52
2015年:65
2016年:36
2017年:24
2018年:29
2019年:14
ということなので、参加公演はかなり減っています。
そして累計250程となりました。


減った原因は一目瞭然。
代わりに、17ヶ所(≠回数)も動物園・水族館へ行っていました。謎解き参加よりも多いw
謎とか難しいこと言わないで、純粋にいるだけで楽しい場所です。
千葉東京茨城栃木大阪京都兵庫長崎…そりゃこんだけ行ったら公演の参加は減りますわ。


でも、今年はついに『けものフレンズ』と『動物園』と『謎解き』という俺得しかないゴールデンイベントができたのです。
しかも謎制作は俺。
自分で謎作って。自分で動物園行って。そして解いて。
とても楽しかったです。
コラボということで監修という作業が思っていた以上に大変だったのも体験できました。
だからこそ完成したものに自信があるとも言えます。
先日も地元の千葉市動物公園に行った時に遊んでいる方がいて、とても嬉しい思いでした。


2020年の目標は具体的にはありませんが、本業が何だか忙しいので、
・謎解き:持ち帰り謎を消化したい
・謎制作:無理しない範囲で
・旅行:多少無理してでも行く
・動物園:行ってない所にも行きたい
という感じです。今年も頑張ります。
スポンサーサイト



周遊謎の難易度について思うこと

この記事は 謎解きとかマーダーミステリーとか楽しいものを語りたい Advent Calendar 2019 の一つとして書かれています。

はじめまして。
『謎の国・Country』です。
何故かエクスプローラーからログインできないので、こちらのアカウントでクロームからログインしてます。
中の人は『くに』です。

このアカは一昔前に個人の謎出題アカとして作ったものの、放置してたものです。
最近になって出題は全部こちらにまとめよう、と決意した次第です。

■周遊謎における謎の難易度

周遊謎って好きですか?
自分は『時と場合による』です。
公演型と比べて時間に縛られにくく自由度が高いようにみえて、参加者となる対象をある程度絞らざるを得ないからです。
(周遊先を楽しむという大前提は今回除いています。ご了承ください)
なので主に謎解きの難易度という点で『簡単すぎた』『初心者向けですね』『難しすぎた』『子供にはオススメできない』などの主催側と参加側との差異が生じやすいからです。

なので、皆さんがある周遊型の謎解きイベントに参加するときは
『場所』や『日時』などの他に『誰向けなのか』を考えてしまうのではないでしょうか。

『なぞなぞかいじゅうをやっつけろ!』
このタイトルだと、間違いなく子供向けだと思いますよね?
『伝説の宝を探せ!』
無難すぎるタイトルなので、制作団体を絶対チェックしますよね?
『制作:AnotherVision』
とりあえず行ってみようと思いますよね?

人によりますが、予定がなければどんなイベントだって行く人もいますし、わざわざ遠くにまで行きたくない人もいますし、近隣のイベント2つ3つまとめて行く人もいるでしょう。
別に正解はないのでそれぞれが楽しめる範囲で参加すればいいと思います。

■制作者として思うこと

制作サイドからすると、主催側からの依頼があればそれにあわせて難易度調節をします。
地元の人向けなのか、ファン向けなのか、観光客を呼び込みたいのか。
そのため団体によってはあらかじめ目安となる難易度を表示しているところもあります。
時間的な自由度が売りですが、参加者の都合を考慮して目安となる所要時間をお知らせしているものもあります。
双方の不幸を生まないためにも良いことだと思います。

■好きな周遊謎

参加側と制作側の差異をうめるひとつの解決策として、自分が素晴らしいと思ったのが、2015年に行われたAnotherVision×献血ルームの『献血謎2』です。
これは献血しに来た人に共通で渡される謎とそれをクリアすると希望すればもう少しガチめな謎解きができるというものでした。無理なく自然に難易度のすみ分けができたことに当時は感動しました。
最近は公演型も含めて謎以外にも動線や展開などのシステムに注目している自分がいまして、このようなデメリットの少ない万人が楽しめる周遊謎解きが作れればいいなと当時は思ったりしました。
まさか本当に作れる日が来るとは思いませんでしたが。

■宣伝

今年私が謎制作を担当した4作のなかから一番想い入れの強い『現在2ヶ所の動物園で開催している某フレンズな謎解きイベント』の宣伝をさせていただきます。
既に参加していただいた方には最上級の感謝を。

千葉県千葉市にある千葉市動物公園、京都府京都市にある京都市動物園の2ヶ所で行われている某フレンズ系謎解きイベント。
今年秋から開催いていますが、どちらも来年1月で終了してしまいます。

動物園とけものフレンズの2つのコラボということで、どのファンにも満足していただけるように工夫しています。
難易度調節も意識して通常編の後には謎要素をパワーアップしたおまけ謎もご用意しました。
忙しいクラスタ向けに頑張れば(皆さんの感想も参考にして)1時間でクリアでき、その後にもらえるおまけ謎は持ち帰って解くことができます。

純粋に動物園としても千葉市動物公園は人気急上昇の『ハシビロコウ』がいますし、京都市動物園はコンパクトな造りながらも展示が工夫されて動物をみるだけでも楽しいです。
いらっしゃる際は、より寒さが増してくる季節なので、暖かくしてお越しください。
プロフィール

くに

Author:くに
2013年5月に謎解きイベント初参加。
現在は謎制作側にもまわりつつ、ゆるく謎解いてます。
セカセカ系は好きじゃない。のんびり解こうよ。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク