fc2ブログ

『すっごーい謎解きラリー』プレイ

このブログは内容の直接的なネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



けものフレンズとコラボの謎解きイベントです。
舞台は千葉市動物公園
今回は関係者目線で書かせていただきます。


「すっごーい謎解きラリー」(NAZO×NAZO劇団)


千葉市動物公園での謎解きイベントといえば以前『ジャングル大帝』コラボがありました。
その時はレオたちがフレンズ化してグッズとしてけものフレンズコラボしました。
今回はけものフレンズ100%でお届けします。

今回の謎解きイベントは多くの方に遊んでいただきたいということで、京都市動物園さんでも行うことになりました。
普通にすごいね。
動物園のつながりが感じられるね。

■実施期間
千葉:10月3日~2020年1月7日
京都:10月16日~2020年1月13日

千葉では現在開催されています。京都ももう間もなく開催されます。

■難易度
人による…のが正直なところですが、個人的には『謎解きってナゾトレみたいなやつでしょ?』みたいな方から楽しめるようにしています。
スマホ対応ですがヒントサイトがあるので、原則『解けない!クソが!』とはなりません。

謎解き好きな方も楽しめるように、通常エンド以降のおまけ謎があります。
『ジャングル大帝コラボ時のガチのエクストラ謎』まではいきませんが、「ふーん」とはならないように「なるほど!」な解き応えを用意しています。

■今回のポイント
ジャングル大帝のイベントでも動物の特徴が書かれていたり、ただ謎を解いて終わりではありませんでした。
今回はけものフレンズコラボということで、動物紹介がパワーアップしてます!
つまりはただ本やネットの動物の特徴がかかれている…だけじゃないんです。

ええ、この時点で勘の良い方は気づくでしょう。
千葉と京都では内容が同じではないだろう、ということに。

キャラクターパネルも結構な数!
今まで他の動物園では登場してなかった新キャラもあります!
コラボメニューも美味しそう!
もう行かない理由が見当たらない……

■注意点
①開始時間
開園は9時30分ですが、キット販売している売店は10時開店です。
なので、どんなに早く行っても10時スタートなので気を付けましょう。
②天候
千葉ではいわゆる屋内がほぼありません。
動物科学館は現在改修中で入れません。
唯一レストランはありますが、食べ物の持ち込み不可、休日のランチは混むので時間に注意です。
屋外の屋根ありスペースも売店近くの2ヶ所しかありません。
雨や寒くなってきたときは各自で対策をお願いします。
③移動
園内を移動しますが、今回はそこまで歩かされるわけではありません。
それでも園を1周するくらいは最低でも歩くので普通に動物園に遊びに行くくらいの格好でOKです。
④タイムトライアル
どうしても急いでいる方へ。
10時開始で、物理的に急げばおまけ含めて1時間ほどでいけます。7割くらいの動物が見られます。がんばれ。

■他
動物を見ながら楽しめるイベントです。
1人でも友達でもカップルでも家族でもどなたでもどうぞ。

●おまけ謎
最後に、今回の内容とは関係なく、たまたま謎っぽいのができたので出題して終わりにします。

  う → ① → へ → し → ②

『シカクのツギを順に見ろ。①②の動物は何?』
スポンサーサイト



『紺青の美術館からの脱出』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



人生初のリアル脱出ゲーム参加がコナンコラボ1作目でした。
それに失敗してからが全ての始まりでした。
今年もようやく参加できました。
完全に参加するタイミングを失ったために、(いつもそうだけど)ソロ参加です。


「紺青の美術館からの脱出」(SCRAP)


そして安定の7年連続失敗です。

今回のチーム編成は俺、男性ペア、女性ペアの5人。
人数的には問題ありません。チームの連携も問題ありませんでした。
他の方は少なからず経験者だとは思いますが、自分自身も『謎解きに来ましたもんね!フンー!(鼻息)』というつもりは毛頭ないので、自然体で参加したのです。
したのですが、今回はそれがダメだったかもしれません。
席に案内されて「これ読んどいて。これらは触らないで」を律儀に守り、ゲームスタートで行動開始……じゃ遅いんだよね。
(註:ルール無視して行動しろ、という意味ではありません。ルール・言われたことは守りましょう)
今回は『楽しみにきました~。ワクワク』勢を殺しに来ている感じです。
クラスタなら迷わずこうする!的な行動さえとっていれば全く問題なかったのです。

誰が悪い議論をするつもりはありませんが、自分が忘れていたとはいえ少なくとも忘れないような工夫はできたはずです。
謎解きに真剣に遊ばなかった自分が悪いのです。
今回は本来成功できるはずの公演でした。

ま、でもチーム内でのトラブルはなかったと思うのでそれだけは良かったと思います。
昨今、冒頭の案内で物騒な言葉が出てますからね…。
プロフィール

くに

Author:くに
2013年5月に謎解きイベント初参加。
現在は謎制作側にもまわりつつ、ゆるく謎解いてます。
セカセカ系は好きじゃない。のんびり解こうよ。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク