fc2ブログ

2018年の振り返り

これやっている時は既に仕事始めの後ですが、こっそり更新です。



まずは2018年の謎解きイベントに参加した数は29こ。(内ミステリはこ)
大きな謎解きイベントの謎制作は本(公演型サブ・周遊メイン・公演メイン)(絵本は昨年制作済)でした。


ちなみに過去のイベント参加数が(なぞともは除く)
2013年:30
2014年:52
2015年:65
2016年:36
2017年:24
2018年:29

ということなので、参加公演はやや少なめです。
そして累計250弱(小さいものを含めれば超えるかも)ほど。


そして、今後もそう多くにはならないでしょう。
理由としては3つ。
・ 趣味の幅が広がった
・ 謎制作するにおいての精神的余裕のなさ
・ 何だかんだでいいペース
1つ目は主に動物園巡りで、せっかくの休日や連休も謎解きをしに行かなくなりました。
それでいて充実した時間が過ごせて楽しい。
2つ目はありがたいことに制作のお誘いも不定期でもらっていたので、そのため空いた時間に「解きに行くか~」という気分にはなれなかったというのもあります。
これについては別にネガティブなことではなく、それでも行きたいものには参加できているし、いい意味で選択ができたと思っています。
3つ目は結果的に全てが両立していいペースになっています。
色々優先する予定を入れていって、空いている所に気になっていた公演に行く、というのがお決まりになってきています。


そう、謎解きイベント増えましたよね。
おかげで行く行かないを選べる時代になりました。
ありがたい限りです。


あと、今年は謎解きで自分の名前を残せたというのが一番の印象深いものです。
謎解き絵本『マイルの謎解き大冒険』(進行形で発売中・アマゾンで買えます)に自分の名前が載りました。
まさか絵本の制作者(絵は描かずに謎と文)として名前が載るとはだれが想像できたか…。

そして地元の動物園での謎制作もできました。
千葉市動物公園で行われている(2019.1.31まで)ジャングル大帝レオとのコラボ周遊謎解きです。
最後の制作一覧を見るとそこにも自分の名前が。
いやー、感激ですわ。
制作のために年パスを買いましたが、もう9回も行ってますからね。
こうなったら他の動物園も攻略していきたいところ。(クソ大変)


さて、2019年の謎解きとしての目標は特にありません。
制作はゆるゆると気が向けば作る(註:現在進行形で制作してます)スタイルは変わらず。
参加も気になるものは行くという原則は変わらず。
ゆるゆる参加したいので、特にフェス形式のにはあまり引かれなくなりました。
人見知りが激しいのは相変わらずなので公演の前後は壁を作らずに笑顔でいたいな~、ということくらいでしょうか。
見かけた方はお手柔らかにお願いいたします。
スポンサーサイト



今年はウマ娘の年でしたね(動物、好き?)

これはAdvent Calendar 2018の企画「謎解きクラスタによる謎以外 」( https://adventar.org/calendars/3409 )のひとつとして書かれたものです。




【緊急枠】
ウマ娘の4コマ「うまよん」がアニメ化することが決定しました。
ほんわかな感じになりそうですが、まだこれからも期待です。
また、アプリ版はまたもや延期発表…残念ですが、吉報を待ちましょう!
【緊急枠ここまで】





今年はTVアニメ『ウマ娘』の年でした。
いやー、良かったですね。
まさか歴代のサラブレッドが実名で女の子になるなんて……ん?

サラブレッドが女の子?
馬が擬人化?
動物が女の子?

けものフレンズだ!!!

まさかけものフレンズの2期が実はウマ娘だったなんて、思いもしなかったです!
とても楽しい2期でした!
たつき監督降板は残念でしたが、それでも素晴らしい作品が生まれましたね!
ご清聴ありがとうございました!


…ということではないです。


2017年のTVアニメ『けものフレンズ』から動物園コラボによって、最終的に動物園へ行く目的で旅行するほどのはまりようになってしまいました。
その結果がコチラ。今年(2018年)出かけた場所です。

1月
 ・東山動植物園 (愛知)
 ・名古屋港水族館 (愛知)
 ・のんほいパーク (愛知)
 ・掛川花鳥園 (静岡)
2月
 ・井の頭自然文化園 (東京)
 ・蔵王キツネ村 (宮城)
 ・猪苗代カワセミ水族館 (福島)
3月
 ・千葉市動物公園 (千葉)
4月
 ・多摩動物公園 (東京)
5月
 ・羽村市動物公園 (東京)
 ・東武動物公園 (埼玉)
 ・野毛山動物園 (神奈川)
6月
 ・東京競馬場(?) (東京)
7月
 ・那須どうぶつ王国 (栃木)
8月
 【なし】
9月
 ・掛川花鳥園 (静岡)
 ・伊豆アニマルキングダム (静岡)
 ・伊豆シャボテン動物公園 (静岡)
 ・富士サファリパーク (静岡)
10月
 ・ズーラシア (神奈川)
11月
 ・成田ゆめ牧場 (千葉)
12月
 ・アドベンチャーワールド (和歌山)【予定】
 ・神戸どうぶつ王国 (兵庫)【予定】


今年だけで22回、21施設へ行きました。
人生で初めての施設も14施設です。
東京競馬場はサラブレッドの毛並みが超絶良かったです。ウマ娘の聖地巡礼的にもよし。

あ、【予定】というのはこれから行くところです。
そう、明日から関西へ旅立ちます。


最後に。
色々行った中、3ヶ所オススメとして紹介させてください。


【実は穴場で賞】
井の頭自然文化園 (東京)
大きな動物園は各地にありますが、ここは意外な穴場。
なにより広すぎなく、行きやすい。
小動物が間近で見られるし、公園そのものも含めてデートスポットにもオススメ!(私はいません)

【ふれあい万能パークで賞】
掛川花鳥園 (静岡)
掛川駅から徒歩圏内。(実際1回目は電車で行った)
9割は屋内なので、雨でもOK!
平日、小鳥たちに餌をあげようとすると5羽ぐらい呼ばなくても腕に止まってきます。パラダイス。
オニオオハシにも腕から餌やり可能。ハシビロコウも数メートル先の距離にいます。
早く行けばペンギンにも触れあえるかも?
行くなら絶対平日。休日は人多すぎて鳥も来ません。

【交通の便以外欠点がないで賞】
那須どうぶつ王国 (栃木)
個人的総合ベスト。(同率1位が他にもあるけど)
広すぎないけど広い。山の中腹にあるのでスケールがでかい。
バードショーは目視できない場所から鳥が飛んできます。
結構屋内展示もあるから雨でも十分に楽しめる。
レストランの食事も美味しい。そして可愛らしい。
複合展示(異なる種が同じブースにいる)に力を入れている。ウェットランドがすごい。
ハシビロコウのカップリングに挑戦中。(でした。残念ながら今回はカップリングしなかった様子)
唯一の欠点が立地。(車でないと無理&冬の雪の日がアウト)


みんなも、好きな動物みつけて会いに行こう!!

『さよなら、僕らのマジックアワー』プレイ

このブログは内容の直接的なネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



タイミングが良いときに行きたいなーと思ってました。
でも休日より空いてる平日の方が導線も良いのでは?と思って前日にチケとって行きました。


「さよなら、僕らのマジックアワー」(SCRAP)


失敗しました。
ですが、それは大きな問題ではないと思っています。
いやもちろん、失敗したことは残念なのだけど、それ以上に感じとれた何かというか…。

これ系の前作(?)で『きみあす』といわれる公演がありましたが、それを超えましたね。
作品として間違いなく超えてます。
ストーリーが感動です、とかそんな次元ではない。
感動するかもしれない。涙を流すかもしれない。
でも評価するべきはそんなレベルではない。
作品として全てが超えてます。

個人的には解説のあのやり方がすばらしいと思いました。
ゲーム終了で司会が来てはいそれでは振り返りましょう~とかではない。
これをただの謎解きゲームという概念で動いていないのが感じてとれました。

また、謎の自然かつ必然感もすばらしい。
ここまできたら謎なくてもいいんじゃね?と思ってしまいそうな(いやなかったら参加しないな)作品です。
スクラップでしかできないものが誕生しました。
これは多くの人にやってもらいたい。
地方公演は色々あって難しそうなので、来よう。
紙質とかタブレットを駆使して、とかそんなじゃない。
確かに間違いなく僕らはそこにいた。
コラボものしか興味がない人にも今遊ぶことができる史上最高の公演です。
ゼヒに。

入院したことある?(人生初入院記録)

これはAdvent Calendar 2018の企画「ごった煮(仮称) 」( https://adventar.org/calendars/3320 )のひとつとして書かれたものです。



2018年10月某日

入院しました。人生初です。
小学生の頃、腕の骨折はしましたが、ヒビ程度だったのでギプスして帰りました。
それ以外に病院に行くなんて、お見舞いか風邪引いたくらいなので無縁の場所でした。

病名は『急性虫垂炎』。いわゆるモウチョウというやつです。
なぞなぞで、『太郎くんが風邪をひいて病院に向かっている途中、牛がも~と鳴いて、蝶がヒラヒラ飛んでいました。さて太郎くんは何の病気でしょう』というやつです。
いや、それは風邪だから違うな。
(この手のギャグは定番ですが、本人がやるとウケが良いです)

切らずの抗生剤治療だからまた再発する恐れはあるのですが、そんなことはどうでもいいです。
とにかく、人生初の入院をした、ということです。


■入院期間は?
7日間です。
基本、やることは点滴&注射です。
あと最初の3日間ほどは禁食でした。(水分は可)

■禁食はつらくないの?
自分は怒りや悲しみ楽しみなど、いかなる感情・状態でもお腹が空く人です。
しかし、点滴のおかげか、空腹感は全くなかったです。
胃が空でも血糖値コントロールでどうにでもなるものなんですね。
とても意外で不思議な体験でした。

■モウチョウって、痛いの?
当日の朝、起床時に腹痛がありました。
ズキズキの激痛というよりはずーんと重く動いても安静にしても常に一定の痛さです。
通勤時も仕事中もずーっと同じ痛みがありました。
お腹抱えて通勤してたので、『変な人がいる』と話題になっていたようです。
ただ、冷えるとポンペになる体質だったのもあって、そのせいだと思ってました。
実際、お腹を温めたらちょっとだけ楽になったんですよ。
しかし、昼過ぎても全く治まらないので午後に受診したら……
その時には嫌な予感はしてました。
幸い、下腹部を押しては痛いけど、離したときには痛くなかったのでそこまで重篤化してなかったのが幸いです。

■暇、じゃない?
暇です。もーれつに暇です。
最初は仕事の申し送りやらで数日はやることがあったけど、それが済めばやることは無でした。
なので、嫌な予感がしたので、受診時に携帯の充電器だけは持っていきました。
そのおかげで、暇さは入院直後から回避できました。
スマホってすごいですね。
なかったら孤独死でした。

■スマホだけでも暇でしょ?
職場の皆から本の差し入れを貰ったり、あと謎を解いて作ってました。
期間中、今まで全くやってなかったライン謎をやりました。皆さん、すごいの作りますね。
また、小謎制作はしばらくずっと抱えていたのでいい暇つぶしでした。
公演などのメイン謎制作依頼は受けてなかったので、自由気ままにしてました。

■体力落ちた?
期間中、寝てたら筋力低下がヤバイのは知っていたので、ベッド上で胡坐かいて起きてました。
トイレは点滴をしていたので1日5~10回ほど歩いて行ってました。
…それでも、退院して、普通の椅子から立ち上がろうとしたら立てなかったんですよ。踏ん張れずに。
膝の筋肉が落ちてるんですよ。手を使わないと立てなかった自分に驚きでした。
幸い1日で回復したのですが。まだ30代だからね。

■何か変わったことは?
今現在は至って健康。お腹の具合も全く問題ありません。
ただ、あまり食べられなくなりました。(not食欲)
今まで食べられていたものが、後半キツイ。お腹いっぱい。
今までの感覚で注文を頼むと必ず後悔します。
病気よりも禁食が影響していると思うのだけど、胃が小さくなったのか量は1ヶ月以上経った今でもあまり食べられなくなりました。

■最後に何か言いたいことは?
昨日まで普通に生活しても急に何が起こるかわからない世の中です。
入院の準備や地震や対策などできるものは用意しておきましょう。


また、あなたの家族・親戚の方が入院しているなら、動けるときに動いた方がいい、と伝えてください。
あなたが散歩に誘うなど動くことを促してください。
『30代・1週間・寝ずに座ってる』で立てなくなるんですから。
高齢になればなるほどやばくなりますからね。
一度弱ると回復するのも大変ですよ。
普段の生活がいかに状態維持に大切だったかを思い知らされました。


■ダイマ

今年11月で終わり…だったのが期間延長しました!
かつて私がモノレールで隣の駅に住んでいた千葉市動物公園で行われている謎解きイベントです。
ジャングル大帝・レオとコラボしており、園内を歩きながら動物にも詳しくなれる楽しいイベントです。
子供連れの家族からフレンズはもちろん謎クラにも満足していただけるように動物により詳しくなれて、驚きの仕掛けやエクストラ謎もご用意してます。
ここでしか解けない楽しい謎解きです。
来年1月までなので、ゼヒ!!

そして、ナゾゲキから初の絵本謎が発売されました。
絵心はないので、謎制作で担当させていただきました。
ほっこりかわい~タッチで癒される絵本です。
過去、1度作った謎を総とっかえした(苦笑)思い出深い作品です。(なので2冊分作っていることにw)
すでに楽しまれた方、ありがとうございます。
まだの方、クリスマスプレゼントなんていかがでしょう?


最後はただの制作した宣伝でした!
良い謎解きライフを!
プロフィール

くに

Author:くに
2013年5月に謎解きイベント初参加。
現在は謎制作側にもまわりつつ、ゆるく謎解いてます。
セカセカ系は好きじゃない。のんびり解こうよ。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク