fc2ブログ

『Mr.Cittaからの招待状』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



なかなか好評のようなので行ってみました。
なお、平日に参加したのですが、平日で良かったと思いました。


「Mr.Cittaからの招待状」(タカラッシュ)


川崎駅から徒歩数分。
その商業施設一体はちょっとしたおしゃれな街になっていました。
そしてちょっとわかりにくい構造になっていました。
2階を歩いていたのにいつのまにか3階にいたり…最初からうろちょろしちゃいました。
だからゲームをやる前からいくつかチェックポイントになりそうなところを見つけてしまって、
「ああ、これは失敗だな」
と思ったのでした。

メインテーマとなる『映画』感は満点。
そして謎としても面白いものがありました。確かにすごい。
ただいかんせんブラックレーベルさんのガチ周遊謎は細かい。内職感が強い。
謎の出来はとても良いのだけど、周遊先(概ね屋外)でコレをやらせるのかというのが一抹の不安です。
だからといって通常公演ではできないし、どちらかというとお持ち帰り謎が最適な感じでしょうか。

平日なのでベンチもがら空きだったし、フル活用したけど、これって休日行った人はどこで謎解いてたのかな、どこであの作業やったのかな、というのがとても気になります。
フードコート的なちょうど良さげなカフェもなさそうなので、人が多いと苦労しますね。
自分も迷いながら焦らず急がずでちょうど3時間かけて解きました。
少なくとも、さらにそこから徒歩数分にあるウエアハウスの金田一コラボ謎解きを行こうと思う気力はありませんでした。

個人的には長くて2時間以内で終わらせてほしいかな…あとテーブルいらないくらいのやつ。
そんな思いで(そもそもターゲット層が違うけど)某動物園謎を作りました。

あー、いかんいかん。
真似したくても真似できないクオリティの高い謎でしたので十分に楽しめました。
ありがとうございました。
映像良かったです。
スポンサーサイト



『悪魔的大忘年会からの脱出』プレイ

このブログは内容の直接的なネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



自宅のネット環境がいまいちなので、時々ネカフェに行くことがあります。
せっかくなので、『トネガワ』を読んでみました。
面白かったです。なので早いうちに参加しました。


「悪魔的大忘年会からの脱出」(SCRAP)


フォトスポットがあるので、黒服で合わせるのもいいかもしれません。
今回は、謎解きもそうですが、いかに成りきるかも面白さを上げられるポイントでしたね。
6人制ですが、自分・ソロ・ソロ・2人の5人チームでした。
うん、みんなで楽しく出来たと思います。
それぞれがヒラメキで解けたし、バランスは良かったかも。
無事に成功です。
最近はこの手のワイワイ系の公演なかったから貴重ですね。

今回は、『悪魔的』と名前はついているけど悪意のある感じではないので、楽しさを優先させた方がいいと思います。
成功率はやや高めです。
TVアニメは見てなかったけど、漫画を少しでも読んでおくとより面白いかも。

『TMCのコラボ周遊』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



TMC(東京ミステリーサーカス)は公演型以外にも周遊できる謎解きが多くあり、コラボしているのが2つあります。
レイトンミステリー探偵社 カトリーのナゾトキファイル
未来のミライ
この2つがなかなか個性があって楽しかったので少し感想を。


「TMCのコラボ周遊」(SCRAP)


■レイトンミステリー探偵社 カトリーのナゾトキファイル
□『カトリーエイルと死者からの手紙』


基本的にはTMCからは出ません。
なのでどこかでお茶しながら…というよりは、2階のテーブル・1階外ベンチでやることをオススメします。
って、休日は人が多すぎてやばいですね。

チェックポイントはダイヤルキーになっていたりするのですが、数字を打ってENTER…というわけではなく、ENTERが話す、みたいになっていて、芸が細かいと思いました。

そして1500円(参加費)だとここまでアイテム頑張れるのか…という妙な感動がありました。
謎解いてクリア!…の後もレイトンらしさがたっぷり味わえます。
なるほど、よくできてる。


■未来のミライ
□『ミライからの手紙』


こちらはTMCから飛び出ます。
キットも封筒じゃなくて、クリアファイルになるバッグ型のやつです。

で、謎の方ですが、最初から鬼畜です。
・少なくともあれはどう見ても紫
・周遊時の探索の難易度が殺人級
と、序盤は困ったらヒント見たほうが自分は良かったです。助かりました。
○ろしてやろうかと思ったくらいでしたw

しかし中盤以降、最初からモヤモヤしていたことが光が差して眩しく輝き始めました。
最後のアレは「すげー!すげー!」と2度連呼しました。
周遊の謎で何度もすごい!とは思っても、ここまで感動したのは初めてかも…。

ということで、総合評価としてはオススメ。
謎でない部分で困ったらすぐにヒント見たほうがいい。


2つとも個性があって楽しいですが、謎だけでいうならミライの勝ち。
2つをやるなら先にレイトンをオススメします。

『錬金都市アルケミア』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



ちょっとだけ久しぶりの下北沢です。
原宿ヒミツキチよりもたくさん行っていますが。


「錬金都市アルケミア」(タンブルウィード)


タンブルウィードさんは『モノ+名前』からの脱出なり生還なりの言葉がタイトルにつくのですけど、今回は名前で終わってるんですよね。
副題とか付けてよさそうだけど、そこは公演なので言いやすさ・表記しやすさをとったのでしょうか。
ちょっとだけテイストを変えているのを意識してるのか、不明ですが何かあるのでしょう。

無事、成功でした。

4人1チームで自分他全員女性でした。
ここに来るのが初めてだとか言っているのに自分より謎を解くのが早いw
大きく詰まることなく、比較的スムーズに解けたのではないでしょうか。
とはいえ、参加した回は6チーム中3チームが成功。決してやさしくはありません。
とはいえ、今までの作品の難易度からすると、少しだけ易しかったような気もしました。成功補正かもしれませんが。

今回も技術の粋を集めてとても攻略のしがいがありそうです。
ゲームに直接は関係ないですが、「コレってもしかしてアレなのかな?」と話し合っていたら、やはりアレでした。
参加する方はお楽しみに。
やはりこの手のゲームは最大4人が情報共有しやすくて良さそうです。
細かいところまでは回収できませんでしたが、比較的余裕を持って解くことができたので満足です。

『ゆめこちゃんとナゾの牛乳瓶』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



成田ゆめ牧場での周遊謎です。


「ゆめこちゃんとナゾの牛乳瓶」(オリジナル)


いろんな意味でオススメの周遊謎です。
特に、これから自分たちで謎解きを作りたい!と思っている方たちには参考書となる感じです。

特に謎解き制作会社名もなかったので、自社で作ったのだと思います。
良い意味でもおしい意味でも参考になる部分があったので楽しかったです。

もし制作側になりたい人はこのイベントの『良い点』と『改善点』を挙げながらプレイすると良いと思います。

謎の難易度としてはHP上では『中学生以上が対象』ということですが、謎解きが好きなら読み書きができる小学生でも遊べます。
つまりは難しくはないです。だけど、「お!」と思わせる謎もあって楽しかったです。
また、牧場ならではのものもあって良かったです。牧場愛ですね。
自分も作りたいぞ!

ちなみに、絶対早めに対策した方がいいのは『イベントの存在(告知)』でしょうか。
入口のチケット売り場で売っているのですが、その受付にはポスターが貼ってありません。
園内にも目立たない場所に1つ2つくらい貼ってあるだけ。
大勢のお客さんがいる土曜日に遊びましたが他の参加者が1家族のみでした。
やるやらない以前に、このイベントの存在を知らない人が多そう。もったいない!

所要時間は色々道を外しながら遊んで1時間半。
急げば1時間かからないはず。
でも、もったいないので、色々遊びながらプレイしましょう。滑り台も楽しいよ。
動物園には良く行くけど、牛舎はあまり経験なかったので、それも良かったです。
ジェラートも美味しかった!
プロフィール

くに

Author:くに
2013年5月に謎解きイベント初参加。
現在は謎制作側にもまわりつつ、ゆるく謎解いてます。
セカセカ系は好きじゃない。のんびり解こうよ。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク