『!ニホンゴクライシス!』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



秋…といえば文化祭で謎解きですね。(ムリヤリ)
ということで、今年もやってきました、学祭の謎解きイベントです。


「!ニホンゴクライシス!」


といっても、現在制作側にまわっている影響でそんなに解きに行けるほどの余裕もないので、地元千葉県で頑張っている『神田外語大学』の学祭にだけ行きました。他のは知らん。よさそうなのはわかった。
個人的にですが、千葉県の大学で2年連続やっているのはここだけなのでは?と思うのです。(調べてはない)
そして去年がちょっと…がんばれ!な部分があったので、そもそも今年あるのか心配だったのですがあって良かったー!

まー、今年も受付でちょっとアレだったんですけどね。

俺「(パンフ…あれ、受付が屋外…?アジト型のイベントだと思ってたけど。それにスタッフ1人で誰も客がいない?)」
俺「(時間5分前まで待ってみるか…)」
  開始5分前
俺「(まだ誰もいない…?)スミマセン。謎解きは…」
ス「こちらです。(そして説明始める)時間の5分まえになったら…」
俺「(もう5分前というより2分前では?)」
ス「ああ、こちらの会場に向かってください」
俺「あ、はい」

ということで、受付が屋外なのに会場が屋内。
しかも開場前にスタッフいるんやから屋外スタッフの存在は??
そしてQRコード使うとか言われた気がするけど、最後まで使わなかったよね?
という不慣れとかでなく連携取れてない内容把握できてない感はあるのですが、会場着いたらもう1分前に始まって参加者が8名ほど席に着いてましたwwwww

いや、その辺は来年の経験値にしといて内容楽しめればいいよねの精神で状況を把握し謎解きスタートです。

ゆるーっとふわーっと終了です。制限時間はだいぶあまりました。
2日目でも1か所バグがあったりしたけど、そんなことはスイソークがあれば攻略できたからどうでもいいです。
関係ありそうかな…関係なかった、なモノがたくさんあったけどどうでもいいです。むしろ「関係あ…ないんかーい!」で楽しめましたw
自分が前に前に行かなくても謎解き好きそうな方が何名かいたのでその方に任せながら周囲をグルグル歩き回って楽しんでいました。
主に手元が見にくいのでライトで照らす係でしたね。

個人的に去年より成長したと思う点は2つ。

◆周遊型からアジト型に変更
確かに周遊なら作れば解き手に預けられるから楽です。
しかし参加者の動向が確認できないのでヒント出しすら大変です。
逆にヒミツキチ型は一度にたくさん相手をしなくてはいけません。
まだきっと彼らには大変な気がしました。
◆進行役の存在
何かあってもGM的な人がその場で対応していたので大きく詰まることなく進められました。
・ちょっとした誘導
・ちょっとした修正
・バグであるとわかったことでの対応
こればかりは常に傍にいるGMでないとできません。

クオリティだけで言うならマダマダなのですが、伸びしろは大いにありますので、来年があればまた参加したいと思います。
全体的に個々をとっても確実に良くなっていますし、近所の子たちを見守るおっさんのような存在でいたいと思います。

公演後GMさんに、
「シナモンの人ですか?」
と言われたのが印象的でした。知られてたw
スポンサーサイト

『パズルルームからの脱出2』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



関西旅行の続きです。
1日目が関空からの大阪だったので、2日目は京都をブラリしました。
そして2年越し(?)くらいの挑戦です。


「パズルルームからの脱出2」(SCRAP)


多分2年前だったと思います『パズルルームからの脱出』をやったのは。
夏の京都という暑い中、広い空間(京都のアジトはやや広い印象です)を駆け巡りその勢いもあってズボンが破けました
翌日破けたズボンで天橋立に行ったのはいい思い出。
謎解き中に衣類のダメージを受けたのはコレが初めてでしたし、それ以降はありません。

つまり、2年前なので謎についてはほとんど忘れていました。
大謎すらどうだったっけ…という程度。
ですが、もちろん『2』に関しては問題ありません。
今回は10人で挑みましたが、順当に1から2の人は数名でした。
そして謎解き経験値ではやはり自分がトップで、それなりが数名、2・3回が半分。公演開始時間に5分遅れてきたギャルっぽい娘たちが心配でしたが。

『2』の脱出率は思いのほか高めでしたが、序盤はガチクラが押し寄せた結果だということで、GMの人も「基本的に脱出させる気はありませんw」といってましたw
とりあえず、きっかり10名で挑戦です。

あー、ダメでしたね。
自分も謎がパッと解けないものだから情報の確認と共有をしながらでしたけど経験値は名ばかりの実力通りの活躍でした。
最後チームメイトのメタ発言から惜しいところまではいったものの、それでもまだ1つ2つ手前でした。

やはり広いアジトは情報が広がる分だけ、解ける人がそれなりに必要ですね。
ま、でも皆で『わからない感』を共有できて満喫できた気はしますがw
アジトは楽しいけど苦手やー!

『地下金庫からの脱出』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



関西旅行記念ということで続けて参加しました。
個人的にこれからも時解さんを応援したいです。(頻繁に行けないのですが)


「地下金庫からの脱出」(時解)


数時間前にやった『オオカミのお腹からの脱出2』とは雰囲気も異なる作品です。
こういったものはもちろん人の手で作られるのでしょうけど、よく作りますよね…ただただ関心するばかりです。
そして!
やはり個性的なアイテムがありますね。
おそらくこういった系統のギミックやアイテムって時解さん以外ないんじゃないかと思います。

今回も6人チームで制限時間30分にチャレンジです。
6人がそれぞれアイデアを出し合って解き進めた印象です。
自分の発想にはない解き筋で解法を出す皆さん…すごい。
自分も一部突破のヒラメキもできて満足。
そして28分台でなんとか無事クリアしましたー!
最後は残り時間という概念がなかったのでそういえばタイムは!?な感じでしたが、それほど集中していたということで。

難しすぎず簡単すぎない絶妙な難易度がいいですね。
多少雑(笑)な部分も味があっていいと思いますし、多少の不親切さもアジトならではというかチーム力が試されると思うので、今後もこの少人数アジトを続けていただければな、と思います。

『オオカミのお腹からの脱出2』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



関西旅行も兼ねて遊んできました。
関西で謎解きといえば『時解』さんですね。
たこ焼き好きにはもってこいの道頓堀というアクセスのしやすさはあり難いの一言に尽きます。


「オオカミのお腹からの脱出2」(時解)


全然関係ないですけど、個人的に行っていただきたいたこ焼きや2店を紹介します。
◆『踊りだこ 道頓堀店』
時解から徒歩1秒。店の横にあります。
いいだこがまるごと入ったたこ焼きが食べられます。
この斬新さは本場大阪ならではですね。
◆『くくる 本店』
グリコの看板から徒歩15秒。
本店にしかない特別びっくりたこ焼きがオススメ。とにかくたこがはみ出ていてびっくりです。
オススメ…といいながら自分はまだ食べれてないのが悔しいのですが。
日曜12時に並んで注文したら30分かかるといわれ、15時にまた並んで注文したら今日は売り切れといわれました。
休日は売り切れ注意です。


さて、で公演について。
残念ながら『1』の公演は参加していないので比較ができないのですが、最初に『1』のゆるーいネタバレがあります。
「前回は~~が~~で~~したけど」みたいな。
ま、GMの方が言うので問題ないのでしょう。だから『1』を参加した人なら「そうだったね~」という感じかも。

で、いつも時解さんの小謎は何か一つ飛びぬけて個性的なものがあるのですけど今回もありました。
正直序盤は解き方がわからなくメタでやったのですけど、終盤GMのアドバイスもあって本当の解き方を知った時は「ふぁーーーー!!」となりました。あんなものどこで調達してくるんだ…。
ちょっとだけ強引な解き筋のものもあるのだけど、それそれで。
全体的にきゃっきゃとしながら解き進めることができて何とか無事に成功です。
チームに小学生くらいのお子さん2人含む家族連れがいたのが印象的でした。

そのご家族のお父さんから地方は謎解きが少ないから関東はうらやましいと言われましたが、千葉県民だってわざわざ電車乗らないと行けないから一緒ですよ。(とは言わなかったけど)
往復電車賃と飯代入れたら1公演できますからね。なかなか馬鹿にはできないです。
(と、書くとたった1公演分じゃねぇか!と言われるかもしれませんが、距離が違うだけで謎解きしに行く意識は同じということを言いたいのです)


時解の参加者6人という少人数制のアジトは好きですね。
そして難しすぎない適度な躍動感のある設定も好きです。
『脱出させる気がない』というどこかのアジトはそれはそれでやる気が出るのですが、ゆるふわ勢の受け入れとして個人的にいつまでも応援したいと思います。
都内にあればな…公演時間の短いあそこよりも断然いいのだけど。
プロフィール

くに

Author:くに
謎がろくに解けないまま5年目に突入しました。
最近はいかに解くかよりいかに楽しむかに重きを置いてます。(逃げ
某団体で謎制作のお手伝いもしてます。

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク