『SILENT NIGHT』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



この日は『怪人からの脱出』『推理展示5』ときての3公演目でした。
都内は近いようで乗り継ぎや会場までの距離を含めると数駅でも30分以上かかたりと決してそう近くもないのですよね。
今回は可能な範囲で最善の時間割をしたのですが、間がちょっとだけ窮屈になってしまいました。
今年もちょくちょく団体の謎制作をする(現在進行形)ので、参加する頻度は減るでしょうし、出来るときにギュッとつめるスタイルになるかもしれません。
反省反省。


「SILENT NIGHT」(よだかのレコード)


ちょっくら気になっていたのがポスターの『BーSIDE』という表記です。
こう何年も謎解き公演をしていると、各団体での特色というのが決まってきます。
それはそれで楽な時があるのですが、カラーが決まりすぎるとそれ以外の公演がしにくかったり、企業からの依頼が来にくかったりもする可能性があるわけですよね。
有名どころだとタカラッシュさんでしょうか。
街中宝探しでない公演型のあの細かく割れたスタイルは好きでないのですが、公演自体は面白いと思いますし好評のようです。

よだかさんの『BーSIDE』もそんなんかな、と思っていましたが実際にやってみると、そこまで『BーSIDE』をプッシュしてもない。
ただ、公演自体は通常公演では出来ない面白いことをやっているな、という感想でした。
謎そのものは自分の不得意な感じまっしぐらだったので、序盤の小謎以外は解ける(解きたそうな)人におまかせな感じでした。
終盤になって、あの出来事があって、ゲーム終了・解説があって……そしてもろもろネタばらしがあって自分はようやく状況を把握しました。
いや、勘のするどい人ならゲーム中に気づいたのかもしれませんけど、おそらく自分は解ける人にまかせていたからか完全によく把握できていませんでした。
途中途中、今どんな状況なのか、謎解きそっちのけでストーリー的な説明用紙を何度も見てたくらいですから。

結果だけで言えば最後の惜しいミスで失敗でした。
公演中にいろんな出来事が起こりすぎて完全に自分の処理速度が間に合わなかった感じです。
ただ、作品としての作りこみは毎度ながら感心します。今回も色々細かな作業が大変だったでしょうに。
スポンサーサイト

『推理展示5』プレイ

このブログは直接のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



この日はイベント3連戦というのもあって、間のこの部分が1時間半くらいしかありませんでした。
また、昼ご飯も食べなければいけなかったので『推理』しながら『昼飯』をクリアしなければなりませんでした。
今思うと、しっかり2時間ほど使ってのんびり挑みたかったです。


「推理展示5」(dp96s)


前回の『推理展示4』がカフェ時間込みで1時間ちょっとでクリアできたので今回も余裕をぶっこんでたんですよ。
そしたらね、

『推理』:失敗
『昼飯』:大成功


な感じになりました。
ちなみに昼飯は会場近くの(旧パズリッシュの2階)『ホホカム』です。
ダブルチーズバーガーがめちゃうまくって、追加でワッフルも食べちゃいました。いやー美味かった!

…そうしながらも資料に目を通していましたよ?
うめえうめえ言いながら資料を読みこんでましたよ?

そして、ちょうど1時間くらいで犯人の目星もつけて、今回も大丈夫そうだな、と思ったのだけど、どうしても気になった事があって、現状だとある情報まるまる使ってないというwww
でも、この推理であれば無理やりでもないし大丈夫だろう…そう思っていたら『ギャフン!』とやられてしまいました。
しっかり読み込んでいれば序盤の違和感にも繋がっていたかもしれません。
元より今回は完全になめてかかっていたので、結果的に甘く見ていた自分に罰が当たったのかもしれません。
見事にやられました。

自分は80点エンドでしたが、ストーリーとしてはなしではないかな、と。
満点解答でないけど、辻褄としては悪くないと思っています。

今回特別のエクストラ(?)もあったようで、画像だけを見たのですが、あんなところにそんなのが!というのもあってすごかったですね。
ミステリというというやや不確定を含む推理イベントでしたが、あれだけの情報量でしっかりとストーリーを妄想することができるのもしっかりと作りこまれている証拠ですね。小道具の作りこみもすごかったですし、楽しかったです。

やっぱり、時間に追われながら解くのはダメでした。
今後は優雅なカフェタイムを満喫しながら解くことにします。

『怪人からの脱出』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



主に都内各地で公演されております本公演。劇場・ホールを貸し切って使うタイプのようです。
もうラスト公演だ!行かないと!…ということで追加公演が先日発表されてましたw
ナゾ劇の公演に参加するのは…2年ぶりとかかもしれません。ひっさしっぶりー!


「怪人からの脱出」(NAZO×NAZO劇団)


簡単に流れを伝えると、オープニングで映像を見たあと、謎を解きながら会場を出て周辺を見ながらチェックポイントをいくつか通過して…というタイプのオーソドックスな公演です。(屋外に出るわけではありません。通路とかに謎が掲示してある感じ)

今回は特にチームを組みませんので、1人から参加できます。
なので安定したぼっちの自分でも参加できました!やったね!(多くは2人以上のグループでしたが)
ですが、子供には難しい難易度なので、中学生以下のお子様は大人を連れての参加を強くお勧めします。
クラスタならソロでも可能でしょう。2人くらいがスムーズに解きやすいかと思います。
(あ、なんとか成功しました!)
綺麗に解かなくてもメタで何とか進められる部分もありましたから。(ダメじゃんw)

正直、スタッフ側との絡みはほぼない(チェックポイント程度)ですが、ヒント出しなどのスタッフさんが(自分の会場は)比較的大勢いたので詰まっても気軽に聞いたほうがいいと思います。(概ね5分考えて解き方が全くわからない場合程度)
そんな自分も冒頭から完全に詰まりましたwwwww
中盤はムムムとなりながらもメタで解き進み、ラストも軽くヒントもらって「そうか!」とギリギリでクリアでした。
ソロ参加だと詰まった時の対処法が激しく困るのですが、とても助かりました。お姉さんに感謝します。
そんな意味では初心者でも安心のような気がします。

ガッツリ仲間を連れて解きに行くか。コッソリ1人で解きに行くか。
使えるだけヘルプを使うか。絶対に自力で解くか。


スタイルに合わせて解くことが可能だと思うので、各々の状況に合わせて楽しめるかな、と思います。
都内とはいえども地元の市民会館などでやっているので行くのが大変!な謎解き知らない人でも参加しやすいです。

そして最後に1点だけ!
トップクリアした方に「成功の秘訣」を聞かれる場面があります。きっと。
そこで「メタ解きで…」とか業界用語を(?)言うのはやめてもらいたい。
失敗した方はおそらくなれていない方が多いです。
なので、彼らのヒーローが「メタ解きで…」など言われるとちょっと残念です。
なので希望を与えるような、英雄のお言葉をお願いします!

例えばですが!例えば…ですが…!(きっと一生英雄にはなれないエンド)

『ある現金輸送車からの脱出』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



いわゆる20分公演型のリアル脱出ゲームの第3弾です。
第1弾の出来が良く、第2弾が一部?な部分があり、それをふまえての第3弾での盛り返しを期待したのですが、一部荒れた感想を聞くように。
これは違う意味でドキドキでした。


「ある現金輸送車からの脱出」(SCRAP)


結果は残念ながら失敗!
というか、序盤の無駄な時間を返してほしい感じ。
全くつまらない公演でした。
公式HPのには『1秒も無駄に出来ない謎解きにチャレンジ』とか言っているのに、自分らが無駄にしてるんじゃない?と言いたい。

あと、勝手に20分版は初心者の人でも楽しめるような公演と思っているのですが、それが皆無でした。
スタート前に『ビギナーズキット(ヒント集)はいるか?』を聞かれました。
全員経験者なのでいらないと答えました。
で、ゲーム開始。
…これ、ビギナーズキット(ヒント集)もらっていたらビギナーの人は楽しめたの?
甚だ疑問。

ウチらは終盤追い上げて最後の『大金を守る』ための行動を行うだけの時間は少しながらあったのですが、余裕もなくて失敗でした。
なんかさいしょから「え?」の連続で最後までそれが尾を引いた感じでした。

色々言いたいのですが、個人的にはすべて『アイテムの不良による無駄な時間浪費』という件で終わりにしたいと思います。
とりあえず千秋楽公演だったのですが、千秋楽でこれって…今までどれだけの人がこの苦労を味わってきたんだろう。

ビギナー向けの再演は第1弾だけでいいような気がします。失敗したけど、あれだけは最初から最後まで丁寧に作ってあって感動しました。

『サンマリノ城からの脱出』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



東京公演は11月からやっていたのですが、ようやく参加してきました。
かねてよりSCRAPは色々なものとコラボしてきましたが、一番なさそうなルパンとのコラボということで、どのようにコラボしていくのかとても興味がありました。


「サンマリノ城からの脱出」(SCRAP)


結果は残念ながら失敗
ウチらは5人チームでしたが1人少ないハンデを感じさせないチームワークで解き進めることができて良かったです。
自分ソロの他4人チームでしたが、それを感じさせないワイワイ感がありました。これだけで満足ですね。楽しかった!

そして今回も各地方公演があるということでビギナー向けの配慮もありました。
最近見られる『ビギナー向けセット』。
通常は受付時に手渡せるのが多いように思っていましたが、今回はテーブル下に用意してあるという感じ。
内容は詳しく見てませんがとりあえず『大謎の手前までは簡単にヒントが書いてあるような感じ』でした。決して最初の小謎だけではない、とだけ書いておきます。
チームで話し合って、進行度合いによっては見るのも悪くはないと思います。

今回、今までの流れを少しだけ変えたような印象を受けたのか気持ち難しいような気もします。
テーブル上のアイテムや紙類などの整理整頓も必要そうですね。

そして個人的にクラスタほど引っかかりそうなラストという印象です。
どの時点でゲーム終了(いわゆる『脱出成功』)なのかがわかりにくいように感じました。
自分だったら『まだアレが!』『アレもやらないと!』とはしゃいでしまいそうです。
なので例え成功していてもクリア直後のスッキリ感が薄かったかも。
ですが、ストーリー上はしっかりと話のオチはついているので、見れば納得ですね。


あと、これは謎関係ないですけど、アンケートが10段階評価になっていました。
ルパンたちと自分らがどうコラボするのか、気になる人はイベントに足を運んでください。
プロフィール

くに

Author:くに
謎がろくに解けないまま5年目に突入しました。
最近はいかに解くかよりいかに楽しむかに重きを置いてます。(逃げ
某団体で謎制作のお手伝いもしてます。

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク