『呪われたウェディング』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



夕方の汐留エヴァは失敗し、そのまま電車に揺られながら原宿に。
慣れた感じでヒミツキチ前に着くと、あれ?という光景が。
結構フォーマルな人がままいる!

パトラ会という団体が主催の謎解きイベントに参加しました。
実際の式で行われた時に制作したようです。その再演ですね。


「呪われたウェディング」(パトラ会)


今回もソロなのですが、会場を見渡すと半分以下でありながら、ざっと3割くらいの人が結婚式を意識した衣装を身にまとっていたのですよ。
流石に汐留でエヴァしてきて遊びの延長で来てしまってやや申し訳ない感ががが。
ま、今回のチームは全員ソロで私服率多めだからよかったかな?

で、今回の謎は全体的に1枚の小さい紙に1問書いてあるような形式なので他のイベントと比べても紙の量が多かったですね。
チームの6人はそれなりに謎解きしている人たちでしたが、なかなかちょうどな時間で解き終わりました。
うん、成功しました!!(多くのチームが成功です)
実際に本当の式場も行ったようですが、時間制限とか謎の量とか変えてないのかなぁ?
素人さんが何人かいるチームだと結構大変なイベントだったように感じます。

で、個人的に一番気に入った小謎があって、一番最初に解いた謎なんだけど、瞬殺の類のヒラメキ系でありながらその「答え」が結婚式ならでは!って感じの言葉だったんです。
で、今その言葉を検索していたら実は2つの意味を持っていて、自分は古い方を知っていたのだけどそっちの意味もあったんだとトリビアになったのですね。
あまりなじみがない人だと「どうしてこの言葉が出てくるのか?」という言葉だったので、ちょっとだけうれしく思いました。

謎の物量は多いながらもただ謎解きさせるだけじゃないところは良かったです。
(量が多いのにはあの理由があったと思うのですが、その点を踏まえるとこれで良かったのかもしれません)
まさか最後はあーいった方向に進むとはだれが想像できただろうw
まさにみんなで楽しめる結婚式の謎解きイベントでした!

場面ごとに変えたり色々とメリハリがついた楽しいイベントでしたね。
勉強になりました。
スポンサーサイト

『第3新東京市からの脱出』プレイ

これはネタバレ感が強い記事故に注意されたし。
あ、謎のネタバレはないですよ?
ただ、プレイ済の人が見ると…?



記事更新現在も絶賛公演しているエヴァコラボの作品です。
もちろんお目当てはこの公演であるのですが、汐留では8月30日までイベントをやっています。
それも併せて楽しんでいただくととてもいいのではないかと思います。


「第3新東京市からの脱出」(SCRAP)


今回は平日5時公演という時間に安定のソロ参戦です。
それもあってか『会場の半分が埋まる程度』の参加者でした。やはり平日は穴場ですね。
そのうち『謎解き未経験者は半数』くらいでした。やはり多いね。
そして人が少ないと会場が動きやすいのも大きな特徴です。
特に今回は諸事情もあって何度も会場を移動したので助かりました。

で、その会場が広い!(ちょっとした体育館くらい)
道幅が広い!そしてなによりテーブルが広い!これなら作業しやすいこと間違いなし!やってくれるぜ日テレ!
とうことで6人チームの紹介。

 自分+エヴァファンの5人(1グループではなくバラバラ。全員謎解き未経験)

おぅ…。これは頑張らなあかんやつや。
ということで5人の方に簡単にゲーム説明と一般的な流れをお話ししました。
「情報共有」「何かあれば遠慮なく言おう」は2度以上言ったかな。自分解けない&先頭に立って指揮取れないマンだから。文字通りチームでやらんと勝てない。
それでも唯一の謎解き経験者であるから楽しく解きながらゲームを進めていきたい、大謎まではいきたい、あわよくばクリアしたい、を目標にやりました。


最近、掲示物についてあーだこーだしているので当時の自分の行動についてお話。
基本『あった方がいいだろう』と思っているタイプです。なのであの考えは面白かったです。
で、写真撮影はチームの方におまかせしました。(2名)
自分が撮影に行くと、序盤の机上で解く謎の進め方がわからない場合があると思ったからです。
「これはこんな感じで」「これはヒント待ちかな」「全部で問題は~個あって」「コレ解いてみます?」と自分の確認ついでに、みんなへ共有と分配をする役割をかいました。
過去に『自分が存在を知らない子謎のシステムが大謎に使われていた』こともありましたから。私知らなかっただけは避けたい。
しばらくすると撮影班が到着するので、確認しながら解けそうなものは意見を伝えながらとにかく確認という名の情報の共有。
ええ、必死です。必死に遊んでますw
それと、掲示物の場所は席から確認できるので、空いてるし後で直接確認できると思ったからですね。


で、そこで今回の苦情その1
『掲示する場合はプリントアウトにしません?』
今回タブレットに表示、みたいな掲示システムだったんですね。
で、それと自分のスマホのカメラの相性が悪い悪いwww
ヒミツキチ型でもスクリーン投影する場合がありますが、何故か撮影できないのですよ。明るさとか何かしら設定とかすればいいのだろうけど、そこまでしている余裕はない!!!!
それと、微妙に掲示位置が高い。撮影で群がるからなのはわかるけど、そこまで大きいタブレットでないのに正面から接写ができないのはつらい。
そして一部細かいのもあったよね。それもつらかった。1つの謎で何度も往復しながら解いてたよ。
撮るより直接の方が確実に早かったね。


さて、全体的にはエヴァ感のある演出は良く、そっちファンでも楽しめながらステップをクリアしていくのですが、またある部分でストップしました。
ええ、完全にストップ。停滞。律速ともいうらしい。
決して早くないスピードながらまあまあの順位で通過したのにも関わらず完全に大ブレーキですよ。
そこで10分以上あーだこーだしても動き回っても解けない。
後にヒントをもらったのですが、
「ん?」
が最初の反応でした。普通なら「え、もしかして?」だろうに。
今思うに止まっている理由とそのヒントが結びついてなかったんですね。そして今思うにそれは本当に(以下略
実際気づいても「???」でした。さらに詳しくヒントをもらって(以下略
そして理解できれば猛スパートできたというか。
この10分以上の時間は何だったのか。謎でつまる…のとはちょっと違うかな、コレは。


苦情その2はその部分です。これ以上は書けません。


で、最後の大謎ですが、何とか最低限の時間は確保できたものの、力およばず失敗でした。
クリアできたとは言わないけど、あの10分をここに注げなかったことが不完全燃焼ですね。
うん、ひらめく人はその時間でもひらめくのだろうけども。

チームが謎解きゲームを楽しんでくれたかはわかりませんでしたが、映像など含めてエヴァ感はあったので、そこは楽しんでいただけたようです。
ま、それで何よりですね。
あの公演みたいに初心者に悲劇を見させたくはないので。めでたしめでたしかな。


と、こんな事を書いていますが、楽しかったですよ!
特にアレにはチームメイトやスタッフがいなければダイブしていたかもしれません。いや、違うのはわかってるんだけど。
この回はクリア率は2割弱だったかな。クリアした方おめでとうございます!
まだまだ自分は精進がたりないですね。
その反省はその日の夜の別の公演でリベンジを。

『スパイ大戦からの脱出』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



九州旅行2日目。
1日目は神イベを体感し、2日目昼に最高なアジトを攻略(自分は見届けている要因)しました。
その帰りにせっかくだからと初のリアル脱出ゲームセンターをやりました。

1作目のは未プレイでしたが、謎の一部を見たのもあって(全体的な謎の流れは知らないまま)やらないままでした。
ということで、ゲームセンター版は初めて。
お初に弱い自分。楽しみ半分、不安半分でプレイしました。


「スパイ大戦からの脱出」(SCRAP)


結論からいうと成功したぜ!4クレでな!
っとね、これは普通にやれば3クレで脱出できたやつね。
最初のステージで3クレ使っている時点でもう逃げ出したくなったね。
リアルべそかきゲームになるところでした。
そもそもシステム的に自分が経験したことのないものばかりで

・1回500円
・何度挑戦してもよい
・運営するのはタイトー側
・なので会場はゲーセン


なぞともとは違って複数回のプレイを前提につくっているのでそれが自分にとって初めてでした。
で、ゲーセンという一般ピーポーが参加しやすい敷居を下げた場所にあるため、全体的な難易度は低めに設定されていました。

・1度に6人ほどが入れる(博多店の場合)
・みんなで協力して…とみせかけて表現しがたい周りの人はいない体でのソロ戦。しかし狭いので情報ダダ漏れ。
・ほかの参加者が協力しているようでなかなか邪魔してる。
・下手に慣れていると痛い目に合う仕掛け。


特に最後の部分で自分は躓きました。それだけで時間が過ぎていくw
スタッフさんから情けのヒントをもらってようやくわかれば後は解くのみ。
最終的には道具を準備せずに手渡された紙とペンだけで解こうとしてもメモスペースがなかったので、ガチでメモ帳使っちゃうというwww
おかげで大謎は迷わずに解けました。
もうね、序盤のアレがなければ軽く3クレでしたよ。アレだけちょっと気づかせるレベルが断トツ高すぎだと思うんだ。(言い訳)
スパイ感はあると思うんだけど、狭い範囲で情報ダダ漏れの中それらを取捨選択するのは難しかったですね。
…あれ、でもそれってスパイには必要な技術なんじゃね?(笑)


今後ほかの場所でも作品が開催されるようですが、コレがメインで遠征するほどではないと思いますが、未プレイかつついでであればいいのかも。
でも、なんだかんだで最低1時間以上は絶対かかるので気軽にはできないので、比較的安価な時間つぶしかな。
既にクラスタの方が謎解きしたことがない人と行くには雰囲気をつかむうえではプチアジト的で楽しめるかもしれません。たぶん。

『秘密結社からの脱出』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



ブログの書き方を忘れてきてしまいました。これで挽回する!

九州旅行2日目です。
1日目は『九州謎祭り2015』という神イベがあり、余韻に浸る間もなく翌日となりました。
で、開始時間がお昼過ぎだったので、本場の水炊きを食べてみたいといったお店も死ぬほどめちゃくちゃ美味しくてもうこの旅行は何なんだ、といううれしい動揺をしたまま博多アジトへ向かいました。


「秘密結社からの脱出」(SCRAP)


今回はね、ぼっちじゃないんだな。
仲間がなんと7人も!
……もうね、この時点でうれしいのよ。きっと楽しい公演になるんだろうな、という思いがあったのよ。
そしてそれは言葉通りの公演になりました。
他に男性、女性ペアの10人で博多アジトなのに脅威の関東率!!!
その10名で挑みました!!!


まず、本来は別イベがあったにもかかわらず開けてくださった博多アジトの方々に感謝を。(←大切)
そしてかわいかったアジトスタッフの方にも感謝を。(←?)
そしてウチらの色々な茶番を温かく見守ってくださった全ての方に感謝を。(←大切)



ということで、結果は脱出成功です!!
やったーーーー!!
そしてこれが自分のアジト初成功だったりする記念すべき公演でした!

いやーめっちゃ楽しかった!わちゃわちゃできた!そして疲れた!めっちゃ疲れた!でも楽しかった!めっちゃ楽しかった!ありがとうございます!ありがとうございます!
欲を言えば仲間でガッツリ固めていきたい公演ですが、もう仲間関係なく絆が強いもの勝ちです。
どれだけ情報の共有と役割分担と恥をかき捨てられるかwww
九州に来たら絶対やるべきなマストな公演ですよ!


そして帰り際に『これが女子力の高さだ!』というのを見るのでした。ぱねぇっす。
幸せな公演でした。ありがとうございます。
そしてその日、博多アジトは3公演連続成功するという伝説が起きたそうな。

『九州謎祭り2015』が神イベだった件

パソコンが風邪ひきました。なので更新がダダ遅れです。
それでも未だ鮮明に残っている印象深かったのが『九州謎祭り2015』でした。


『九州謎祭り2015』


今回は2泊の九州旅行を兼ねての謎解きです。始発の電車で空港へ向かい、当日の朝に博多入り。
福岡空港と天神の距離がとにかく近いのでとてもアクセスしやすいのはいいことですね。
天神駅からも近いので…逆方向へ歩かないかぎり(自分のことです)とてもいい場所を選んだな、と思いました。
しかもカラオケ館という完全個室で防音もバッチリで2フロア貸切なんてすごすぎます。
関東でもどこかに…あ、なぞt

10時開場ということで10分前に到着してみるとすでに10人ほど並んでいました。
やはり謎好きな人はどこにでもいるんですね!(お前が言うな)
当時はとても暑かったのですが、10時に入場して冷房の効いた涼しい部屋で待機します。
この時点で神イベント決定です。ええ、決定。
30分ほど涼んで、そしてまずは持ち帰り謎の販売開始しました。
ちょっと販売体制が間に合っていなかったので、受付の人がかわいそうでした。でも次回には改善されているでしょう。
そして11時から各団体の公演が始まりました!

さて、以下参加した団体の感想などを。

◆Penguin Factory 『謎解きペンター試験』
実に面白い仕掛け!よくこれを作ったな、という一言です。
2人1組という完全にペア戦ながら個々の謎解き力も試されるというまさしく試験のような感じでした。
ただ、自分には完全不向きw
もう謎解き力が低くて低くて、状況把握するのに一苦労で、お相手の方に迷惑かけっぱなしでした。
あまりに状況を把握できていなくて解説聞いても最後がよくわからないまま「フフン?」で済ませちゃいましたw
まー、完全にプレイヤーの能力に左右されるところですが、細かなところまで作りこんでいるのは流石の一言です。

◆九州謎プロジェクト 『侵略!くまポンFINAL』
実に郷土愛でしたね。
踊ってました、とうセリフがこれ以上に合う公演もないでしょうに。
くまポンもかわいかった。そんな可愛さに油断しているとよく絡んでいる謎に足をすくわれます。(すくわれた人です)
楽しんだ!

◆きまぐれボックス 『九州ぐるめぐり』
会場内の周遊謎です。てっきり屋外かと思ったので安心しましたw
くまポンが郷土愛ならこちらは九州愛でしたね。そしてめっちゃ和菓子でした。
ライトな謎で謎解きあまりしない人にも取り組みやすい感じながら、スッキリする良い謎でしたね。

◆CODE:5 『呪われたカラオケルーム』
カラオケ屋なんだからカラオケにして何が悪い!いや何も悪くない!むしろ王道!
探索祭か?と思われた今回の設定でしたがそんなことはなく、優秀な皆さんのおかげでクリアしました!
その手があったかー!な感じでした。お見事。

◆レモンデイズ 『怪盗レモンからn予告状』
あんな仕掛けを作れる人に私はなりたい。
雰囲気が流石でしたね。確かに怪盗でした。
自分は謎解きというより中に指を入れていただけですけどw

◆常盤倶楽部 『ゆうしゃとゆかいななぞまおう』
4人1チームでした。この手のよくあるだと誰かが主体的に仕切って…な感じになりがちですけど、そうはさせない!
解く過程を考えて、しっかりとチーム内の情報共有ができるような仕掛けは見事でした。
司会やゲーム進行も流れるように滞ることなく進んでいるのはそこまで配慮しているからなのでしょうね。
色々とお手本となるような公演でした。
ぎ、ぎりぎり残り0秒でクリアしたぜ。ハァハァ

◆ASO部 『ASO部からの挑戦状』
これはね、レジェンド。殿堂入り。伝説。世界遺産。
よくわからないけど、そんな言葉が出てくる感じ。
九州行くからには九州謎プロとASO部はやりたいなーくらいに考えていましたが…TLで人気があるのはわかっていましたが、その理由を身をもって体感した、という感じです。
クイズ好きとしては『北岳』を解答できたのもうれしかったのですが、やはりなんといっても「チン○ロ」でしょう。
ペタンクなんて玉遊びがあるくらいなんだから「チン○ロ」も十分にいけるでしょ。
全体的に強度を増して破損やほつれがないようにしたらもう家庭でやれますよ!あの「チン○ロ」がご家庭でも!
…というくらい各ゲームも素晴らしかったのですが、個人的には
・出入り・見学自由
・軽食(?)あり
・見ているだけでも楽しい
・各ゲームが設定などよく作られている。
の部分を高く評価しています。タマタマだっただけかもしれないけど!素晴らしかった!


謎解きをしにきたのにまさかの謎がない公演が大盛況だったという不思議な謎祭りでした。
キャパを考えて参加人数も制限されていたので極度に混雑することもなく、休憩するスペースもあり、1人あたりの参加公演数も予約なしでもそれなりにできたと思うし、とても良かったのではないかと思います。


とにかく「とても楽しかった」という感想が第一にくるイベントでした。
関係者の方々に最上級の感謝を。
文面から「どこが神イベやねん」と思ったかもしれませんが、また次回あれば行きたいな、というイベントでしたことをご報告します。

4DXという映画システムを体感した!

映画の感想を書くのも初めてですね。
今日『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』を観てきました。
で、ただ観るだけならたいした感想にならないのですが、『4DX』という新しい映画の機器で観たので主にその感想をここに。


映画の内容にはほとんど触れませんが、一部システム的な感想により多少の雰囲気バレがあるかもです。
ご注意ください。



4DXというシステムの説明は以下のサイトがわかりやすいかも。
http://www.unitedcinemas.jp/4dx/
http://www.4dx.korona.co.jp/about/
簡単に言うと通常の映画がアトラクション的に!という感じ。
特にシステム的に印象的だったのは
・モーション
・エアー
・ミスト

の3つかな。

モーションは座席自体が前後左右上下、背もたれのバイブ機能など中々よく動きます。
ディズニーのアトラクションに近いくらい(その7割かけくらい)よく動きます。結構良さげです。
エアーも顔にかかるものから、耳や首をかすめる感じにシュッと吹くものまであります。銃弾とか攻撃時は横からシュッと吹いてくるのですが、個人的に首や耳への風攻撃が苦手なので(くすぐったい)ちょっと映画に集中できなかったかなw
ミストは最大の特徴であり、濡れます。
濡れるといってもびしょ濡れではなく霧吹き程度のミストです。海へのダイブなど水に関する演出時に出てきます。
そこまで過敏にならなくてもいいです。着替えも必要ありません。とても心配ならハンカチとかで。(すぐに乾きますので不要ですが)

こういったのは特に子供が好きそうな感じですね!
身長制限が色々な都合上ありますので100cm以上である必要があります。
平均身長であれば小学生ならクリアしているので、お子さん連れなら楽しめると思いますよ。


で、ただ、この『4DX』は通常の映画料金に+1000円なんです。
個人的に1度試してみる価値はあると思います。
ただ、演出のシステムは1度わかれば、戦闘時にグラグラシュッシュワーワーして…という展開であるのはわかるので、2回目以降は人それぞれかもしれません。
+1000円払うなら、もう少しお金払って違う作品を観るかな、という感じですね。(メンバースデーは1100円で観れる)
機器のシステムとしては決してつまらなかったわけではなく、むしろ新鮮で楽しかったです!
機会があれば1度は体感してほしいですね!


…個人的にアベンジャーズを知らなかったので(過去の作品を観てない)漠然とフフン?くらいで設定を雰囲気で流したところもありますので、そもそも個人的に不適な部分もあったと思います。
洋画より邦画好きだしね。
ですので、映画の内容というよりシステム的な感想を重視しました。


ですが、くどいようですが、ぜひ1度は4DXを体感してほしいです。
お仲間で観ればより楽しめること間違いなし!


プロフィール

くに

Author:くに
謎がろくに解けないまま5年目に突入しました。
最近はいかに解くかよりいかに楽しむかに重きを置いてます。(逃げ
某団体で謎制作のお手伝いもしてます。

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク