fc2ブログ

『演じすぎた男』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



初めてのスクラップin吉祥寺です。
吉祥寺ってちょっと遠いよね…。立川ほどではないにせよ。


「演じすぎた男」(SCRAP)


ミステリーです。
そう書かなくてはいけないほどミステリーです。
謎解きじゃありません。


そう書かざるを得ないほど、どうして堂々とミステリー表記を嫌うのかが不思議です。
もうスクラップの公演には必ず謎解きがあると思いこんでいる人が99%くらいだと思っているんですけど、本作品はまあガチなミステリーです。

システムこそデジタル機器を使ったり、イーピンとはミステリーのやり方は異なれど、内容はミステリーです。
普通にミステリーファンを呼び込めると思うんだけど、『現場捜査ゲーム』とか洒落たタグをつけたりして内容が一見わからないのがなんて残念なことか。そこまで個性出さなくても行きたい人が行くと思うので、むしろ堂々をアピールした方がいいと思っているわけですけども。
アジト型のミステリーなんて世の中にそうないんだから、そこを猛プッシュした方がいいと思うんだ。ミステリーであることを伝えたうえでね。

・タブレットを使用します
使い方は説明される範囲で何となくわかります。実際に使い始めれば嫌でも覚えます。大丈夫。
・ソロorペア参加推奨です
参加者は1~3名とのことですが、それなりに狭い空間で仮に他のチームもいたら3名はなかなか面倒です。料金は値上がりするけど、ケチらずに遊ぼう。
・身軽がいいです
タブレットを首から下げ、メモ帳を手にするので、過度な荷物はNGです。
一応入口に荷物置き(よくある棚)があるので、それを活用しましょう。
・とりあえずガチめのミステリー
謎解きではなくミステリーに挑む意識でいましょう。
変な『ははーん、これ大謎に使うやつだな』とかそんなのはいりません。捨てろ。
・説明や解説混みで60~70分
HPでは70分となっていますが、混雑緩和などを考慮しての時間だと思います。早ければ60分ほどで終わります。

自分は失敗したけど、解説(映像と資料をもらえます)を見て納得。
発想はあっていただけにそこまで気づけなかったのが要因でした。
ミステリー好きなら自分の観察・推理力を確かめるのにちょうど良さそう。
スポンサーサイト



『推理展示 synonym』プレイ

このブログは内容の直接的なネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



年間に数回推理イベントに参加しますが、絶対に行くうちの1つのシリーズです。
劇場などの公演型ではなく、現場などを再現して資料を読みこみながら解く珍しいスタイルのイベントです。
自分の気が済むまで考えられるのがいいですよね。


「推理展示 synonym」(dp69s)


でも、残念なことに年々難易度が上がっている気がする。それか自分の頭が弱くなっているかのどちらかw
以前は2時間以内に提出して全問正解(最後に凶器やら犯人やら質問に解答する)だったのが、ここ数回が全くダメw
今回も絶妙な再現度でした。
あと、負け惜しみじゃないけど観察力…もそうだけど視力も大切な気がする。
現場を見て気づくのも立派な才能だと思いました。
ただ何となく見て写真撮ってではわからないものがたくさんあった気がします。
『現場は荒らさないように』と言われるほどの(毎回そうです)再現度でしたが、今回は自分が入った1回目と2回目で一部極僅かに変わっていたくらいの(途中小さな手が加えられていたはずor風)繊細さがあったりと大変そうでした。
途中ミスドで粘りつつ、約3時間かけましたがそれでも犯人がわからなかった…。

これ、急いでも何の得もないので、次回も2時間とかじゃなくて、4時間はとっておこうと思います。

『疑惑の教室にて』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



年1回(だよね?)のミステリー。
一昨年から参加したので、今年で3回目。
今までギャフンと言わされ続けてきただけに今年は負けない!!!


「疑惑の教室にて」(カスタムプロジェクト)


…そんな気持ちで挑んだわけですが、今回は過去2作とシリーズが異なることに気づいた。
陶芸教室に通っていた学生・主婦・教師・官僚・高校生探偵に演歌歌手まで…?
気が付いたら知らない学校に隔離されてた!という設定。
毎日1人殺していく『番長』を見つけたら勝ち、というまあ何でもありのシステムです。
ま、ストーリーはいいや。

今回は今までよりちょっと方向性変えました?
今まではガチミステリー感だったのが、今回はちょっと…無理ゲコメディ寄り?

犯人当ててみせるぜーー!!と勢いで挑んだ自分ですが、やや空回りした感。
理由は…タンザニア…でしょうね。
犯人もトリックもわかったのですが、全てをタンザニアが持っていきました。

「あのBGM…国歌だったのです!」 「知らねーよ!www」
「あの挨拶…公用語のスワヒリ語だったのです!」 「知らねーよ!www」
「冒頭の文章…犯人が誰なのか書かれていました!」 「知らねーよ!www」
「パンフの硬貨や伝説もタンザニアのものでした!」 「知らねーよ!www」
「あのシールを解答欄に貼ると国旗になります!」 「(色が足りないから)ならねーよ!www」


あれほどの強引グマイウェイな推理演劇は初めてだよ!!wwwww
挨拶も硬貨も怪しいとは感じていたけど、必死に探していた時間返せよwwwww
悔しいけど楽しかった。
今回も正答率3%くらいだろうけど、アレがなければ30%にはなったと思う。
来年も情報公開されたし、どことなくコメディ要素がプンプン漂うけど、これから楽しみです!

『汝、公正たれ Let us see YOUR own justice.』プレイ

このブログは内容の直接的なネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



これは謎解きイベントではありません。
ミステリーイベントでもありません。
公演情報が出た時からとても気になっていました。
チケ販売開始と同時に(行ける)2公演を買った記憶が懐かしいです。


「汝、公正たれ Let us see YOUR own justice.」(まごころ18番勝負)


そして、結果的に当日券を買うという、衝動含めて3公演参加しました。
結果的に大満足です。ありがとうございます。


そもそもどういった内容の公演なのか?
参加者が裁判員として参加するという裁判をテーマにした公演です。
なので、すぐに思いつきそうな『逆転裁判』とかではないです。
逆転無罪を勝ち取るゲームでもないし、証人として出ていた人物が真犯人だった…わけでもありません。

基本的には『被告人をどう刑に処すればいいか(あるいは無罪)』を判断するだけです。

するだけ、といいつつそれがとても難しい。
実はいわゆる絶対的な正解がないからです。
人によって事件の見方が違うし、考え方も違う。
実際各テーブルごとでも議論の進行具合も違いました。
「やっぱり○○でしょ」とあっさりな方もいれば「ココの部分がちょっと納得できなくて…」と悩む人がいるし、ホント人間いろんな人がいるなーと思いました。

今回4種の公演のうち、3つに参加したわけですが(◆が自分が参加した公演)(公式の発表を引用)

事件A:殺人被告事件(殺人罪1)
11/01 傷害致死罪 懲役3年
11/03 傷害致死罪 懲役3年 執行猶予5年
11/05 傷害致死罪 懲役3年 執行猶予3年◆

事件B:殺人被告事件(殺人罪2)
11/02 殺人罪 懲役30年
11/04 殺人罪 懲役25年
11/05 殺人罪 無期懲役◆

事件C:危険運転致死傷被告事件
10/31 危険運転致死罪 懲役10年
11/03 危険運転致死罪 懲役10年◆
11/04 危険運転致死罪 懲役13年

事件D:強制性交等致傷被告事件
11/01 無罪
11/02 無罪
11/04 無罪

と、全体的に方向性は一緒であるものの、その公演回によって結果は異なり、ましてやテーブルごとで有罪無罪の差が出たりとホント差が激しかったです。
また、殺人事件が2種類ありますが、全く毛色が違いました。
うわ、そうきたか!感がすごい。


正式な模擬裁判ではないので演出的な部分もあったかもしれませんが、人を裁く難しさ、いかにワイドショーがニュース番組ではない見世物なのか、裁判って大変だけどいかに大切かを感じました。
今回、制作側の裏話(裁判風公演)が気になりパンフも買いましたし、公判調書(公演内容を記したもの(リアル速記))も得たので、もう少しこの不思議な余韻を楽しみたいと思います。


さて、公演にかかわった方々に感謝の言葉を述べつつ…
述べつつなのですが、個人的にずーと考えていたものを。


・今回、正解はないものでしたが、1つの事件を2種類の隠れた裏事実を用いて小説化などにしたら面白かった。
 (一方は腹黒の殺意ありありな被告人、もう一方で本当に殺意のない殺人事件など)
・本当にただのネタだけど、実は傍聴席に阿蘇山大噴火さんみたいな人がいた、などの隠れミッキーみたいなのがあったのかどうかw(きっとない)
・実は尋問において『特定のキーワード』があると展開に大きく関わるエクストラステージ突入の設定があったのでは?


などを考えていましたが、公演中はそんなことを気にする余裕がありませんでしたw
もう何を書いたか支離滅裂だけど、とにかくすごかった、とだけ残してドロンします。
関係者の方々ありがとうございました。

『因習の村にて』プレイ

このブログのこの記事に関してはネタバレは多分あります。
ご注意ください。



久しぶり参加型のミステリ演劇です。
公式からネタバレ解禁が出たので、部分的にネタバレしていきます。


「因習の村にて」(カスタムプロジェクト)


どうやら前回の公演と犯人が同じ役者さんだったらしいw
いや、前回も行ったんですよ。
でもそれを誰かのツイートで気づいたという。
どんだけ人の顔を覚えられないんだ俺。

もうとにかく色々書こうとして書き切れないので3点だけ。

●純粋に演劇だけでも楽しい
 演劇中はメモをとる必要はありません。(とるのも失礼にあたるから)
 純粋に演劇に集中してください。
 って引き込まれますよ。
●謎(犯人や正解当て)は普通に難しいのでガチで
 ヒントや手がかりは沢山あるはずなのに、あまり当てさせる気はないw
 (忌み子は無視システムは理解できるけど高度すぎだよ~)
 リアル脱出ゲームなんてイージーモードってほどの難易度です。
 本気で考えて本気で悩め。挑んだだけその先に見えるモノがある。
●席は前の方が良い
 時にスクリーンに映し出される場合がありますので、前の方がいいです。
 前回が中途半端に後ろのせいでよく写真の画像が見えませんでした。
 ってか最前列の迫力がすげーのよ。損するから特別な理由がなければ前で見ろ。

あ、もう1点追加。

●来年8月に新作
 これは激しく期待。

果たして3回にわたって連続で同じ役者が犯人を演じるのか。
金田一だと「犯人はほとんどその作品の3人目以内に登場する」「表紙に出てくる第3者は犯人」的な噂と同じように成り立ってしまうのか!?
来年が楽しみでなりません。

というより仮に犯人が同じ役者さんだとしても、全くつまらないことにはなりそうにない!のが不思議。
絶対マストで観るべきです。
料金もお手頃だし、お手頃です。
ぶっちゃけるとそこらのリアル○○ゲームより面白いと思う。
つまらなかったら返金対応してもいいくらい。
プロフィール

くに

Author:くに
2013年5月に謎解きイベント初参加。
現在は謎制作側にもまわりつつ、ゆるく謎解いてます。
セカセカ系は好きじゃない。のんびり解こうよ。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク