スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年の振り返り

これやっている時は年明けになっていますが、こっそり更新です。



まずは今年の謎解き(推理など含む)イベントに参加した数は24こ。(ミステリはこ)
謎解きイベントの謎制作はでした。
2本のうち、1つはナゾ劇の公演、もう1つは会社のお祭りでの公演になりました。
色々大変でしたが、また今年もやってみたいと思います。


ちなみに過去のイベント参加数が(全てなぞともetcの小さいのは入れずに)
2013年:30
2014年:52
2015年:65程
2016年:36

ということなので、一番参加公演が少ない年になりました。
これは理由があり、デバッグの回数が増えて、謎を解くという欲がその分減ったといのもあります。
また、その都度都内へ繰り出すため、休日に都内へ行くのをケチったというのもあります。
別に金がないわけではないのですが、行きたい人気公演は当日券が残っているはずもなく、行くからには2つくらいまとめてやりたいのにそれが叶わないという裏事情もあります。
その点では『当日券』で参加する公演が増えました。

基本的に500円増しになりますが、『行きたい!』と思った時に行けるというのは実に素晴らしいことです。
ライト層にとっては数か月先の予定を抑えるなどの狂気に満ちた行動はとれないわけで、1週間前になって
「今度の休みどうしよっかな~。あ、これ楽しそう。あ、空いてる。あ、行ける!」
といった感じに気軽に行けるわけです。

運営側からすれば空きがあるのは困ったことですが、この当日気軽に参加できるというのは謎解きがすそ野を広げられるかどうかの重要な要素になると思っています。
だってカラオケ・ゲーセン行くのに前日予約なんてしないでしょ?


ガルパン脳となった自分にとって、けものフレンズが新たに加わったのも公演参加が減った一因です。
自分にとっては趣味が広がったのはプラスですが、結果的に少ない脳みそと1つしかない体の動きを縛るのには強い影響を与えました。


さて、2017年の目標は『形の残る謎解きを行う』という自主的な制作をしたいという目標ですが…一部できました。
それは、会社での謎解き公演です。完全にワンオペでやりました。大変でしたが、勉強にもなったし、楽しかったです。
また、ニーズに合わせる必要もあるということにも気づかされました。
ナゾ劇では何とか公演の謎制作はできましたが、結局制作過程はグダグダな感じでした。
まさか大謎総入れ替えが起ころうとは…恐ろしいですね。あの更新された謎を思いついた自分を褒めたいです。ええ。
そしてツイッター上ではアカウントは作ったものの、まだ何も手をつけていない謎アカもあります。
アカウントを作って満足でもしたのでしょうか?結局何がしたかったのか自分でも謎です。

謎には触れているものの、謎の制作から少し離れたために作り方も少し忘れちゃったような気もします。
来年(既に今年だけど)はちょっと自分と謎の立ち位置を考えながらまた何か作品を作りたいな、とゆるく心にとめておきます。
スポンサーサイト

『謎制作団体(企業)に入った時の話』

これは「謎製作者&謎クラスタの謎解きについてのアドベントカレンダー」( https://adventar.org/calendars/2700 )のひとつとして書かれたものです。



タイトルにある通り『謎制作団体(企業)に入った時の話』をしようと思います。


2013年1月1日に特番というかたちで『リアル脱出ゲームTV』が放送されました。
『たまたま起きていて、たまたまテレビがついていて、たまたま番組がそのチャンネルだった』ことから、自分は謎解きという存在を知ります。


自分は人見知りがかなり激しいです。
ミクシィ時代にクレーンゲームのオフ会というものがあったのですが、その時も『行きたい!』から『行く!』まで清水の舞台から飛び降りる覚悟が決まるまで半年かかったくらいです。
行きたい…けど何を話そう…ゲームすればいいけど他の人は知り合いだらけだろうし…つまらないと思われたら…


謎解きにおいても同様に、『知らない人と一緒にゲームをする』など高難易度なレベルを要求されるわけですから、当然のように『行きたい!』から『行く!』まで5ヶ月かかりました。
そして初ゲームがGW真っ最中のコナンコラボ第1弾『摩天楼からの脱出(千葉公演)』でした。
1回行って勝手がわかればあとはこっちのもん。
当時は平均して月4ペースでアジト含め都内に謎解きをしに行く日々でした。

同年5月。
『摩天楼からの脱出(千葉公演)』の帰り道。
脱出失敗に終わったものの、謎のすごさに『自分も謎を作ってみたい』という衝動にかられます。
あんなに面白い謎を作ってみたいという衝動は徐々に大きくなり、『ひとまず作ってみよう』となります。
当時『小説家になろう』でミステリー作品を描いていたので、謎解きをする小説を書き始めました。
(今でもあるので探せる暇と頭があればどうぞ)
今見ると、当時の謎は謎ではあるものの、IQサプリ的なとんち要素もあり、1枚謎でした。

同年8月。
スクラップ8戦8敗の中、ついに公演形式の小説を書きます。
小謎から作り始めて、大謎が強引ながらたまたま成立したのでやってみた、という無知ゆえにできた謎でした。
作品内では『公演中に謎が作られる』アイデアがでていたので、現在そういった公演が実際に出てきたのはちょっと嬉しいです。

時期はその前後。
パソコンで色々情報集めをしていたら『謎制作者募集中!』という情報を得ます。
 「NAZO×NAZO劇団…?」
それまで参加したこともない団体でした。
しかし、団体を作り上げるやり方も要領も自信もない自分にとっては渡りに船な状態でした。
なので、一応行く前提で偵察しようと思いました。

同年10月。
『パンプキン姫を助け出せ!』公演に参加しました。
 「おぅ…結構キャストとの絡みがあるんだね…(苦手)」
 (現在ではゲーム中においては必要最低限のコミュニケーションがとれるようにはなりましたが、それより前と後では相変わらず不得意です)
公演のスタイルはめっちゃ苦手でしたけど、運営側の人は悪い人たちではなさそうとの判断でメールを送りました。
メールでのやりとりをして、ひとまず黒田さんとスタバで会うことになりました。
『我が社をどのように考えていますか?』
『貴方の謎解きに対する熱意はどれくらいですか?』
『本当に貴方謎作れるの?』
『制作希望ならこの謎解けますよね?』

上記のような質問が来たらどうやって答えればいいんだろう…そんな不安が頭の中にありましたが、そんなことは聞かれませんでした。
いたってウェルカムでした。
確か『過去の楽しかった公演』とかそんなことを聞かれた気がします。
そして、早速その年のサンタ姫公演から制作チームに入ることになったのです。
当時はもちろんいきなりがっつり謎を作るわけではなく、アイデア出しや小謎制作くらいでした。


過去にツイートしましたが、自分に人徳はありません。
しかし自分は環境に助けれれていると思っています。
当時は、まさか持ち帰り謎をつくるとは思わなかったし、2年連続サンタ姫公演の謎を作るとも、SAOとコラボするとも思ってなかったです。
この場を借りて、自分に関わっている全ての方に感謝を伝えます。
もっと普段から言えばいいのですけどね、スミマセン。


この当時の体験記を通じて、こんな自分でも入れるくらいだから、誰でもこの世界に入れるチャンスはあることを伝えたかったです。
ということで、ナゾゲキ含め他団体(企業)でも制作者を募集しています。
謎制作じゃなくてもいいんです。デバッグ要因でも、アイデア出しでも、公演スタッフでもいいんです。毎週来れなくてもいいんです。

貴方がやれることがきっとある。
やりたいはいつか叶う。


4年が経過し、それを実感しています。

今年&来年

もう1年が終わろとしています。
今年も備忘録としてこちらに記載します。



まずは今年の謎解き(推理など含む)イベントに参加した数は36
謎解きイベントの謎制作はでした。

ちなみに過去のイベント参加数が
2013年:30
2014年:52
2015年:65程

ということなので、制作側にまわったことで参加の数が減りました。
そしてガルパン効果もあって趣味がそっちに流れた影響もあります。



ひとまず昨年を遡りましょう。
昨年の今頃はどんなことを書いていたかというと『自立をしなくては』でした。
果たしてできたのかというとほとんどできていません。
だけど最後の『サンタ姫』公演では珍しく自分が謎制作したことを公言しました。
謎の部分だけではありますが、ある種の責任を請け負った瞬間のような気がしました。

今年はちょっと具体的に抱負として具体的に書きます。
 『形の残る謎解きを行う
おそらくリアル公演は無理です。
なので持ち帰り謎的な、ネット上ではなく、手で触れられるものを作る、という目標を立てさせていただきます。

・謎制作を行う団体名は決めました。
・あとはロゴ的なもの。
・そして肝心の中身。
・どんな事をやりたいのか。できるのか。
・それらを行うにはどうすればいいのか。

ゆっくりと煮詰めていきたいと思います。
正直今は謎解きよりもガルパン熱がすごすぎるのでどんな形になるか不明ですが、明確な言葉として心に刻んで行きたいと思いました。まる。

JKSM

これは体験型イベント Advent Calendar 2016 http://www.adventar.org/calendars/1827 のための投稿です。
今回は『それ、誰のため?』というテーマを用意していましたが、急遽自身の環境が変わったためちょっと入れ替えました。





1.() 自己紹介
2.() 今年一年の謎制作の感想
3.() それ、誰のため?
4.() まとめ




初めての方ははじめまして。そうでない方はお久しぶりです。
「くに」と申します。
某団体に所属しており、時々謎制作者としてもやっています。
最近はあまり謎が解けないので「楽しめればいい」くらいのスタンスでイベントに参加しています。

ツイッターのアイコンはシナモンということでシナモロールのシナモン好きです。
京都に行った時もシナモロールカフェがあったので行きました。トートバッグも買いました。
京都のなぞともさんが近いので一緒に行ってみるといいですよ。
…でも、それ以上にガルパン好きです。
去年の11月に劇場版が公開されて、巷で『ガルパンはいいぞ』が流行るまで全く知らなかっのたですが、今年2月に観てから見事にはまっちゃいました。
映画館では8回、DVDも買って、大洗へは5回行きました。
最終章も来年から公開されるとのことでまだしばらくは人生が楽しめそうです。
ガルパンと謎解きのコラボ…夢ですね。難しいですけど。




前述の通り今年も謎制作を行っていました。今年は2作品です。
①ジュラシックなワールドの謎解き(3月)
②サンタの姫様を助け出す謎解き(12月)

今年の1作目となったジュラシックな謎解きですが、実は他団体で似たような名前のイベントがあったんですよね。
行きたい気持ちがあったけど、休みが合わずまだ行けていません。
公演はキャストとして参加はしてないものの、見守り係で参加者との触れ合いはなかなか楽しかったです。
ただ、悪天候で予定日が延期になったのは残念でした。
やはり屋外でのイベントは難しいですね。

進行形で行われているサンタの姫の公演も東京の最終日に見学しました。
昨年に続いて2年連続で謎制作できたというのも思い出深いです。
一部人的ミスがあったのが誠に申し訳ないですが、謎そのものは概ね良い評価で一安心です。
今週末にはサンタ姫初上陸となる名古屋での公演もあるので、よろしければぜひに。
ちなみにですが、キャストとの絡みは全力で楽しんだもの勝ちです。絶対に。




今回、謎解きについて何か言いたいことがないか…と思ったらありました。
『アンケート』についてです。

 このアンケートって必要なのかなぁ?

という疑問が常々思ってまして。
いわゆる謎解きイベントを取り扱っている企業からすればビッグデータになりうる存在です。
しかしプレイヤー層は10代~30代がほとんど。
アニメや漫画作品コラボだと若干年齢層が若くなるかもしれません。
好きな謎って言われても、ほとんどが大謎・中謎とかだろうし。
嫌いな謎って言われても、和同開珎とか論理パズルとかガチのペンシルパズルのような気が。
果たしてそのような当たり前すぎるお約束な事柄を並べてどんな意味があるのか。

アンケートというのは特筆すべき事を書くことなのだと思います。
そう、たとえばエラー事象。
 ・謎のエラー(すっきりしない・バグ)
 ・スタッフ側のミス
 ・参加者側のエラー(トラブル)
 ・会場やその他システム的エラー
まー、それだけだとアンケートに負のイメージしかつかないので、こういった部分も入れましょう。
 ・よかった点があればどうぞ。
改善するためにあるのであれば負を強調してもよいと思います。
良ければ『語彙力』『頭おかしい』とか勝手に感想あげるんだから。
(関係ないけど『頭おかしい』のインフレが過ぎませんか?『プレミアム』の大衆化みたいに)
アンケートの効果もあってかビギナーズキットやファミリー公演があったり、チームで挑めるようにグループチケットができたり工夫がされるようになりました。
集計を元に『満足度○○%』『満足できなければ全額返金』みたいな宣伝をしていたイベントもありましたね。

ちなみにですが、今回のサンタ姫の公演はキャストたちはきちんと読んでます。
いいことが書いてあればそれを励みに頑張り、ミスがあれば次の公演に修正しています。
それに不定期ですが、演劇の練習会なんかもしているようですね。

ひとまずアンケートは参加者側は意図があって書くものですので、書きたいことがあればしっかりと書きましょう。
そして団体側もどんなアンケート(参加者の感想)がほしいのか明確にしましょう。
書いてあったことが『あーやっぱりね』というのはアンケートとしての価値が低いので。
(イベントではなく、仕事上でそのミスをやらかした経験あり)




最後に。
最初に書いたように、最近自身の環境が変わりました。
家庭の事情、とだけ書いておきますがとにかく急なことで色々大変でした。
人間ひとりで生きていけないのは知っていましたが、いろんな人に手伝ってもらっているのを身をもって感じたところです。
ちょっと落ち着くまでは謎解きなんてしている場合ではないので少しだけ離れます。
ですがまた落ち着いたら楽しそうなイベントに参加したいと思っています。

自分は『リアル』な『謎解き』の『ゲーム』が好きです。
でも今を生きているのは『謎解き』でも『ゲーム』でもないただの『リアル』という名の人生です。
そんなただの『リアル』に『謎解きゲーム』をつけて遊べる環境を喜びそして楽しみましょう。

一緒に遊べる仲間に感謝
遊ぶお金を生みだしてくれる職場に感謝
生活を共にした家族に感謝
そしてこれを読んでくれた貴方に感謝
 して終わりにします。

ツイッターでの謎イベントに謎を出した件

反省も含めてちょっと。

ここ2週間くらいでツイッターではちょっとした謎イベントが2つありました。
(今回挙げるもの以外にあったらごめんなさい)

◆謎解き力&謎制作力コンテスト
◆深夜の真剣謎解き60分一本勝負



まず『解き力&謎制作力コンテスト』から。
謎を作る側と解く側に分かれてそれぞれの王を決めようじゃないかというものです。
『5分程度で解ける一枚謎』という条件で謎を作り、謎を解きます。
特徴は解答側はその謎を誰が作ったのかわからないというものです。
やはり人間色眼鏡があるもので、下手くそな絵でもそれが有名画家だとわかると個性がある絵に見えてきます。
なので純粋に謎の部分だけで勝負してみようとうものでした。

で、自分含め9名制作側で集まり、締め切りまでそれぞれが細部まで調節して謎をつくるわけです。
で、いざ発表。
皆さんすばらしかったです。
で、結果を言うと、僕は9位でした。
9人中の9位!つまり最下位!!
見事なやられっぷりです。しかもそれだけではありません。
最終的にアンケートで各問題に点数をつけてもらって順位をつけるのですが、
1位の方が106点、2位の方が78点、……8位の方が28点、9位の方が5点。
5点wwwwwひとけたwwwww
流石に1桁はないんじゃないかと思ったのですが、実際に見てみると、うんこれは1桁の作品だね、となります。
というのも制作時から自分が抱いていた不安があったのです。

yama謎制作力Q
yama謎制作力A

解説読んでもわかんねぇや。
これは致命的。解説が解説でなく、新たな謎を読んでいる。
自分でもわかりにくいと思ったのですが、適切な改善案が思い浮かばず(文章をだらだら書きたくなかった)こうなった次第です。
それに問題の表現方法もいまいちだわ。
Nの形が今回の鍵になるわけですが、仮に交換するとして矢印が上下の向きなんですが。
迷路の中にある謎のカラーなもじゃ。お前は何なんだ。せめて台形の形をしていたら理解しやすかったのではないか。

色々反省点は浮かんでいるので割愛です。
今回は締め切り寸前で制作側での参加の申し込みをしたのですが、その時点では何を作るか案もなかったのですが、本屋で物色していたら色々な迷路の本があったので、とりあえず『迷路謎をつくろう』とは決まりました。
ですができたのはあんな感じの迷路謎。
一方、別の方が別の迷路謎を作って王となりました。流石です。人の違いですね。



そんな反省を生かす場がないのか探していたら『深夜の真剣謎解き60分一本勝負』なるものが。
これは制限時間60分の間にとある条件に合った謎を作るイベントです。
とにかく条件公開→謎作成→アウトプットまでが1時間です。早制作です。
特に1位を決めるというものではないので、謎作ってワイワイしようぜ、なイベントです。ちなみに今回5回目。

条件 : 『きゅう』を2回使う (絶対厳守)
お題 : パッと解ける謎 (守らなくてもいい)


という条件で今回は行われました。
直前が高校生クイズというのもあるのか、当日が9月9日というのもあるのか、特に『きゅう』に関わりのある日でした。

一部の不安通り『救急車』系のネタかぶりはありましたが、面白い謎が全体的に多く、お題の『パッと』というのもあって、簡単ながら趣向を凝らしたいい謎が多かったです。
これらを見て思ったのが、

謎は解かれるために存在するのだ。

ということです。
解かれない謎というのは、それは謎ではなくバグや違和感や存在不明なものです。



この終わり方がわからないけど、今回2つのイベントに参加して楽しかったし、やはり謎制作はやめられないという結論に至りました。
そしてこの冬に自分の謎がどこかで日の目を見ることになると思うので、皆さんお待ちください。
今度は嵐による延期などにはさせないぜ!!もやっとなんかさせないぜ!!
プロフィール

くに

Author:くに
2013年5月に謎解きイベント初参加。
現在は謎制作側にもまわりつつ、ゆるく謎解いてます。
セカセカ系は好きじゃない。のんびり解こうよ。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。