fc2ブログ

『勝利できないレースからの脱出』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



ウマ娘 プリティーダービーのコラボです。
以前から色々なコラボ謎解きがやっていますが、今私がはまっている作品とのコラボです。
楽しくないわけがない。


「勝利できないレースからの脱出」(SCRAP)


公式に載っているストーリーから読み取れる範囲で書きます。

エキシビジョンレースに出走することになったスペシャルウィークと共に参加者(トレーナー)がトレーニングをしていく、という展開なので、中身は違えど、
育成(練習)して強くしていく
という基本的な流れなので、アプリで遊んだことがあれば比較的スムーズに理解できます。

1チーム4人制なので、某少年探偵公演のように、6人で共有しにくいなどという事は比較的避けやすいです。
それでも、自分のチームの参加者は
(謎解き○/ウマ娘○)
ソロ男(謎解き○/ウマ娘×)
男女ペア(謎解き○/ウマ娘×)
という、ウマ娘知っている人が自分だけという状況で、ソロ男がちょっと自分の手元にモノを寄せやすい傾向があったので、『みんなで共有しようね~』という心の声で、テーブル中央へ持ってくることがありましたので、事前の注意喚起があろうとなかろうと、ダメな人は一生ダメな気がします。(絶対あれはどの公演でもやっている雰囲気だし、本人は気づいてないと思う)

今までの経験上、端に座っているととにかく見えにくいので、端っこの席だけは避けていたのですが、

( )(俺)( )( )

( )(俺)(男)( )

( )(俺)(男)( ) +【男女ペア】

(俺)(男)(ペ)(ア)

という席の流れになってしまって、とにかく悔しい思いです。
今回は皆さん解き慣れているので、そして男女ペアが良い人たちだったので、チームとしてはよかったですが、一部序盤の情報とか自分が読めていない部分があったりしたので、ホント、ホントに端っこの席は勘弁してください…。


【関係のない説明】
横から読み取るというのは、正面から読むよりも読むスピードが遅いので、理解もさらに遅い。
見えにくいので、一部の情報も飛ばしやすく、反対側とか見えにくい情報は存在してないに等しい。
以上から、端っこの席は情報6割の法則を提唱します。(自分調べ)



ま、そんなもの今となってはどーでもいい。
間違いなく私はスペと一緒にトレーニングをして、良い結末を迎えることができました。(成功です
最後の大謎を解いてから、これまでの謎を解いて苦労しあった出来事が走馬灯のように流れてきて半分泣いてました。
謎解きで良い意味で泣いたのは久しぶりです。
(註:涙もろいだけなので、多くの人の参考にはならないと思います)

で、謎そのものですが、丁寧な作りでした。(とても簡単というわけではない)
サイコパスよりも丁寧に作ってあるので、初心者でも取り組みやすいです。(とても簡単というわけではない)
一応、経験者だらけのチームで時間に余裕はありましたが、それでも閃かなければ失敗します。
そして今回、私が最後の閃きをしたのです!えらい!さすが!
ウマ娘プレイヤーなら閃きやすい補正も多少はあるかも!?


初めての謎解きだけど…なウマ娘プレイヤーでも安心してください。
初期のスペスズを彷彿させるやりとりのエモさ~~~~~!
デジたんなら気絶してます。
ぜひ機会をつくって参加しましょう!
スポンサーサイト



『黒鉄の海中研究所からの脱出』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



コナンの脱出です。
もう何年目かはわかりません。
少なくとも去年は謎解きをしてなく、もう途中から数えるのを忘れました。


「黒鉄の海中研究所からの脱出」(SCRAP)


劇場版のコナンが好きで、途中からですが全て映画館で観ています。
で、その毎度のコラボ謎解きですが、途中から『よくある謎解き』から外れ始めていたのを感じてはいましたが、今回で決めました。
来年以降コナンの謎解きには参加しません。

過去を思い出して『第4回:暗殺者~』が自分で『2時間かけても無理』という感想を述べているのですが、今思い返すと、あの時が一番楽しく謎解きしてたと思います。

制作サイドとして毎年趣向を凝らしたものを制作する意図はビンビンに感じてますし、だからこそ、もう私の好きな謎解き公演ではなくなったので、今後は職場の友達に誘われたら(1度職場のメンバーで行った)「やめといた方がいい」と言います。
アンケートの感想にも1点をつけたほど。

開始早々に「合わないやつだ」と後悔して、以降とても辛かったです。
チーム内の会話量が自分の発言が1%以下なんじゃないかと思います。
それでも頑張って進めてくれたチームメンバーに感謝です。そして苦労をかけたことを謝らないといけない。
もうね、ついていくのが精一杯だったんだよ。金魚のフン。


これ、謎やらシステムやら具体的には何も言ってないけど、ある種のネタバレなのかもしれません。
でもこれだけは言わせてくれ。
ノットフォーミー。私は楽しいと感じられなかった。

アドバイスを言うなら……
楽しむなら最初から、いや始まる前から全身全霊で頑張ってくれ。
1秒でも波に乗り遅れると大変だ。

『管理社会に潜む爆弾魔からの脱出』プレイ

このブログは内容の直接的なネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



只今(まだ)劇場版が放送されているPSYCHO-PASSとのコラボです。
まさかの初期(第1期)とのコラボです。
ですが、それで正解だと思います。個人的にですが。


「管理社会に潜む爆弾魔からの脱出」(SCRAP)


先日、劇場版を観ました。
映画は1期しか知らないと色々「?」な部分はありますが、面白かったです。
そして今回の謎解きはよいコラボ作品でした。
シナリオ全体が良かったです。

まー、それでも『失敗』したのですが。
1チーム4人制というのもギリギリでよかったです。コナンみたいに6人だと会場もそうだけど、たとえ広くなっても多い。
今回は自分と女性2人組の3人チームでしたが、良い感じに謎を解いて、時々ヒントを観て、良い感じのペースで進めることができました。

成功するには多少の『謎解きに対して色相が濁る感じ』でいかないといけない気がしますが、失敗しても納得できる落とし所でした。
原作好きにも参加して欲しい謎解きイベントです。

『浮遊城《アインクラッド》第72層からの脱出』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



SAO(ソードアート・オンライン)コラボです。
コロナ禍でずーっと行きたくてでも行けない日が続いていましたが、ようやく行ける環境になったのは嬉しいことです。
同日のコナンと合わせて行きました。あと千円キャッシュバックキャンペーンは熱い。


「浮遊城《アインクラッド》第72層からの脱出」(SCRAP)


直前のコナン謎解きでちょっと1チームフル参加にどんよりしていた中、今回は友人と2人だけの参加。
1チーム4人制ということで、他の参加者がくるのかどうなのかドキドキしていました。
そして無事に4チーム(だったはず)で、うちらは2人で頑張ることに。
後で考えると経験者なら2人くらいが動きやすくてベストでした。4人はちと多い。
さて今回はSCRAPのリアル脱出ゲーム公演ながらも謎制作がよだかのレコードで果たしてどっちなんだという構図でしたが、いい感じにどちらの要素もありました。会場広いですからね。

で、結論から言うと成功しました!やったー!
楽しかったです。SAO好きというのもあって余計に楽しかったです。
これはSAO好きなら行って損はないかと。
初心者さんは経験者いたら巻き込んでいいし、ヒントカードもあります。
特にコロナ禍だから人はそこまで多くないので色々動きやすいです。

コナンは殺す気満々だけど、これは丁寧に作ってあって優しいですね。(簡単ではない)
10月後半現在、治まっているから外出できる人は行ってほしい!映画も楽しみです。
で、ちなみにどうして『第72層』という微妙な時なのか、というのはこの時がストーリー軸のどの位置にいるのかというのを学んでおくととても面白いと思います。初期のTVアニメを見るだけでもOK。

アンケートにあまり公演のクセが強いと『友人にオススメできますか』の欄を低めにするのですけど、これは高評価にしました。

『緋色の捜査網からの脱出』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



約1年半続いたコロナも一度おさまりました。
またいつ感染拡大するかわからないので、行くのは今しかない!
そんな思いで参加しました。
ちなみに公演型のまともな謎解きが1年8ヶ月ぶり。SCRAPのイベントが1年9ヶ月ぶり。リアル脱出ゲーム(前回はミステリーだったので)は2年ぶり(それもコナン)という感じです。


「緋色の捜査網からの脱出」(SCRAP)


昨年ってコナンありましたっけ?
これまでコナンは7年連続(なので7作のはず)失敗しているのでいつの日か成功することを夢見ているのですが、昨年はコロナ禍で東京に行けず。
なので、きっと8作目だと思います。

なんかコナンの公演は自分が知っている60分公演から徐々に逸れている気がしています。
変なテストがあったり、謎の部分も純粋にプリントした問題がどーんという感じでなく、捜査というかコナンの特色を出そうとしている…そんな気がしています。

こんな言い訳が出てくるということは無事に失敗なのですが、今回は特に情報共有ができていませんでした。
誰かが足を引っ張ったわけではなく、皆経験者なのでそれぞれがそれなりに解いて進めていました。
1チーム6名制で、途中まで経験者4人がいたのですが、間際に2人追加のフル参加となりました。
が、そのため1つのアイテムを触れる時間が半減してしまい、気軽に自分の手元に置いてあーだこーだできなかったですね。
今回6名はややオーバー気味なきがしました。
平日だとかコロナが微妙ということもありたった4チームしかいなかったのですが、だったらアイテムも余っているだろうに、もっと増やしてほしかったな…。
いや別に自分が情報拾っていれば解けた、という訳ではなく、ただ解説を聞きながら
(あ~、あれか。あんまり詳しく見てなかったわ)
という感じ。
失敗して悔しいというより情報に接する機会が少なくて残念な気持ちが強かったです。

ただ、ラストで「あれだ!」というひらめきができたのは嬉しいところ。やはりこの楽しさは格別なものです。
プロフィール

くに

Author:くに
2013年5月に謎解きイベント初参加。
現在は謎制作側にもまわりつつ、ゆるく謎解いてます。
セカセカ系は好きじゃない。のんびり解こうよ。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク