スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の予定

ゆっくり謎解きしたい。お気に入りのものとコラボ謎解きやりたい。

【1月】



【気になる】
・2099年からの脱出
・TMCの色々


スポンサーサイト

『ガルパンはいいぞ』

これは「(2ndシーズン)謎解きクラスタによる謎以外の Advent Calendar 2017」( https://adventar.org/calendars/2772 )のひとつとして書かれたものです。




しゃるさんと無策師さんに最上級の感謝を。

面識はないのですが、今の自分があるのはお二方のおかげだと思っています。
一方的で誠に申し訳ありませんが、この場を借りて御礼申し上げます。


『ガールズ&パンツァー』をご存じでしょうか?

2012年10月にTVアニメとして放送が開始されました。
TOKYO MXでの放送ということで、電波的に観れない自分は存在すら知りませんでした。
2015年11月には劇場版が公開され、ここで『ガルパンはいいぞ』の流行語をきっかけに自分はひとまず存在を認知します。
「女の子が戦車?はいはいミリオタ万歳ね」
当時はそんな感情でした。
しかし、謎制作者として尊敬するお二方がこの話題を取り上げることで、自分の認識が変わります。
「ちょっと…観てみようかな…」

冒頭にアニメを見てない人に向けての説明があり、わかりやすい作りでした。
アニメ的演出がありながら、女の子がキャハハウフフするだけでもなく、ハンドサインのみの戦車戦の真剣さもあり、すぐにトリコになるのでした。
自分ははまらなければ完全スルーですが、はまるときにはとことんはまります。
そして見事にガルパンおじさん(ガルパンオタクの俗称)となったのでした。


【ガルパンおじさんになった結果】
・昨年7月~今年6月の12ヶ月間、月イチ大洗。(作品のメインとなる舞台が茨城県大洗町)
・劇場版10回観賞(次点でバケモノの子が2回)
・2年連続あんこう祭参加(大洗町で11月に行われるイベント)
・平日のキャラクターの誕生日イベントに参加(平日なのに数百人集まります)
・DVDやグッズを多数購入(DVD買っていても劇場で観た)


女の子ばかりが出てくるアニメなので好き嫌いはありますが、観てほしいのです。
それかぜひ大洗に行って遊んでいただきたいです。
ということで個人的紹介。


■大洗のオススメ観光スポット
アクアワールド大洗
 サメの飼育数日本一で知られる水族館です。普通に楽しめます。サメ肉100%の『シャークナゲット』もここならでは。
めんたいパーク大洗
 明太子の工場見学の他にフードコートでは甘味・塩味・辛味・プチプチが同時に味わえる『明太子ソフトクリーム』があります。
大洗ホテル
 ただのホテル…なのですが、あんこう料理提供期間中、毎日17時半からあんこうの吊るし切りをやっています。ロビーでやっているので宿泊者でなくても見られます。 
大洗シーサイドステーション(旧大洗リゾートアウトレット)
 一時ヤフーニュースで店舗との対立騒動で取り上げられました。親会社が離れ、新たにオープンしました。
 お土産はだいたいのものがここにそろう『まいわい市場』で決まり。
 ガルパンギャラリーもあります。
自慢の美味しい食べ物
 夏は『生しらす』、冬は『あんこう鍋』。お土産には定番の『干し芋』。
 道中に、のぼりがたっているので、どのお店でも食べることができます。
 店によって味が変わったりするので、食べ比べも良し。(1日では不可能)


■ガルパン観るときのオススメベスト3
【第3位】
立川シネマシティ
 東京都立川にある映画館。
 腹に響くような爆音が特徴的なシアターがある。
【第2位】
4DXバージョン.
 最近映画館で、シートが動いたり風や水が出るなどの体感型シアターが登場しています。
 ガルパンは動きの細部にまでこだわっているのでとてもオススメです。
 テーマパークのアトラクションのようで楽しいです。+千円ですが、その価値は十分にあります。
【第1位】
ガルパン最終章本日公開
 実は本日12月9日より『最終章第1話』が劇場で公開されています。
 全6話で、1話が40分ほどと短いのですが、今後1・2話まとめての上映で『4DX』上映を予定していたりと、とにかくまだまだこれから注目のコンテンツです。


また今月12月には、秋葉原セガでコラボカフェがオープンしたり、池袋ではガルパン博覧会も行われます。
大洗の地元の商店街も立ちパネルで応援しており、大洗町議会で話題になり、移住者が続出しているガルパンの勢いはまだ衰えを知りません。
貴方もまずは1度 パンツァーフォー! してみませんか?

『潜水艦ゴライアスからの生還』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



新年1発目はこちらです。
前日は新年会があり、それから当日朝は君の名は。のコラボカフェを堪能してからの作品でした。


「潜水艦ゴライアスからの生還」(タンブルウィード)


昨年夏から何度か再演していたと思うのですが、ようやくタイミングで参加できました。
既にタブレットを使う機械バレがありましたが、そんなのは一切気にならないレベルですごかったです。

こればかりはみんなが「いいぞ」する理由がわかりました。

ちょっとだけ話を聞くとしっかり難易度を調節したのがわかりました。
確かに難しくしようとするだけならどうにでもなりましたね。
しかしやはり参加する側を知っているからこそやりたい部分はそこじゃない、と調節したのは良かったと思います。

総評として
・面白いアイデア
・それを実現させる技術力

どちらも高レベルに仕上がっていました。

1チームで2.5テーブルを使える余裕も良い判断だったと思います。
人を入れたいのであれば5チーム以上はできそうでしたが、解きやすさ動きやすさを優先させた結果だと思うのです。
とりま4チーム中2チーム成功。自分も仲間入りできました。

面白く良い難易度です。
必見のギミックもありますので、もし機会があればゼヒに。

『蜜月への招待状』プレイ

この公演はネタバレ解禁されています。
ご注意ください。



とりあえず参加したので感想だけは書きます。


「蜜月への招待状」(ヒミツCLUB胡蝶蘭)


一言でいうと96%の部分が自分の好みでなかったです。

感想を言うと良いことが言えない状態なのであまり深くは語りません。
『未成年は参加できない』というかなり特殊な公演だったので期待値が高かっただけに「自分が悪かったんだな」という感想しか出てきませんでした。
スタッフさんはそんなつもりはなかったんだろうけど、軽く怒られたし。
テンションが下がっているのを見せないようにするのが大変でした。

別にバグがあったとかではありません。
あの公演スタイルは合わないとの判断です。
ただエロネタをいくつか使っているだけです。
雰囲気的なエロさであればよだかさんが昔行った別の公演の方がエロかったし、女性下着をあつかった別の公演もあります。

そして公演に不満があるのであれば個人でやればいいのです。
自分で謎作って自分で解いてウハウハやればいいのです。
そう感じました。(やらない)

『!ニホンゴクライシス!』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



秋…といえば文化祭で謎解きですね。(ムリヤリ)
ということで、今年もやってきました、学祭の謎解きイベントです。


「!ニホンゴクライシス!」


といっても、現在制作側にまわっている影響でそんなに解きに行けるほどの余裕もないので、地元千葉県で頑張っている『神田外語大学』の学祭にだけ行きました。他のは知らん。よさそうなのはわかった。
個人的にですが、千葉県の大学で2年連続やっているのはここだけなのでは?と思うのです。(調べてはない)
そして去年がちょっと…がんばれ!な部分があったので、そもそも今年あるのか心配だったのですがあって良かったー!

まー、今年も受付でちょっとアレだったんですけどね。

俺「(パンフ…あれ、受付が屋外…?アジト型のイベントだと思ってたけど。それにスタッフ1人で誰も客がいない?)」
俺「(時間5分前まで待ってみるか…)」
  開始5分前
俺「(まだ誰もいない…?)スミマセン。謎解きは…」
ス「こちらです。(そして説明始める)時間の5分まえになったら…」
俺「(もう5分前というより2分前では?)」
ス「ああ、こちらの会場に向かってください」
俺「あ、はい」

ということで、受付が屋外なのに会場が屋内。
しかも開場前にスタッフいるんやから屋外スタッフの存在は??
そしてQRコード使うとか言われた気がするけど、最後まで使わなかったよね?
という不慣れとかでなく連携取れてない内容把握できてない感はあるのですが、会場着いたらもう1分前に始まって参加者が8名ほど席に着いてましたwwwww

いや、その辺は来年の経験値にしといて内容楽しめればいいよねの精神で状況を把握し謎解きスタートです。

ゆるーっとふわーっと終了です。制限時間はだいぶあまりました。
2日目でも1か所バグがあったりしたけど、そんなことはスイソークがあれば攻略できたからどうでもいいです。
関係ありそうかな…関係なかった、なモノがたくさんあったけどどうでもいいです。むしろ「関係あ…ないんかーい!」で楽しめましたw
自分が前に前に行かなくても謎解き好きそうな方が何名かいたのでその方に任せながら周囲をグルグル歩き回って楽しんでいました。
主に手元が見にくいのでライトで照らす係でしたね。

個人的に去年より成長したと思う点は2つ。

◆周遊型からアジト型に変更
確かに周遊なら作れば解き手に預けられるから楽です。
しかし参加者の動向が確認できないのでヒント出しすら大変です。
逆にヒミツキチ型は一度にたくさん相手をしなくてはいけません。
まだきっと彼らには大変な気がしました。
◆進行役の存在
何かあってもGM的な人がその場で対応していたので大きく詰まることなく進められました。
・ちょっとした誘導
・ちょっとした修正
・バグであるとわかったことでの対応
こればかりは常に傍にいるGMでないとできません。

クオリティだけで言うならマダマダなのですが、伸びしろは大いにありますので、来年があればまた参加したいと思います。
全体的に個々をとっても確実に良くなっていますし、近所の子たちを見守るおっさんのような存在でいたいと思います。

公演後GMさんに、
「シナモンの人ですか?」
と言われたのが印象的でした。知られてたw
プロフィール

くに

Author:くに
2013年5月に謎解きイベント初参加。
現在は謎制作側にもまわりつつ、ゆるく謎解いてます。
セカセカ系は好きじゃない。のんびり解こうよ。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。