今後の予定

ゆっくり謎解きしたい…。
お気に入りのものとコラボ謎解きやりたい…。

【8月】
20日 追跡者Xからの脱出


【気になる】
・沈黙の社会科見学からの脱出 【9/24】
・2099年からの脱出
・The Mummy
・築地本願寺×謎解き脱出ゲーム 【9/10】
・地下謎への招待状2017 【10/1-1/31】
・リアル潜入ゲーム

スポンサーサイト

『ダークナイトミュージアム2』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



この日は、夏のお台場イベント→仙川でのミステリ劇→お台場リターンという感じでの謎解きです。
マダムタッソーでの謎解きです。
謎はあのタカラッシュブラックレーベルです。


「ダークナイトミュージアム2」(タカラッシュ)


タカラッシュの謎解き公演といえばあの調査団がいつも思い浮かぶのですが、今回は違います。
未だに調査団のあの解答提出の時間しばりシステムの存在理由がわからないままですが、今回はそれではなかったので参加しました。
お値段はお高めなのですが、まあ、それは場所代でしょうね。
結果的に、公演中ガッツリ、公演後も少しながら見ることができたので満足です。
最低1度は参加してもいいでしょう。

あの会場での公演を考えた場合、人の流れをどうするのかがまず心配する所なのですが、ひとつの答えを見たような気がします。
特に混雑もなく行けましたね。
今回はLINEのアプリを使うのですが、うまく上手にとりこんでいました。
スマホを使うのも作るのは大変ですが、面白いですね。

そして個人的に助かったのがヒント機能。
初心者やソロに嬉しい親切なヒントサポートシステムがあってとても助かりました。
最後で失敗しましたが、これといって不満点もなく、総じて満足度が高い公演でした。
調査団のあの満足度は決して納得していませんが、今回の満足度の高さは理解できます。

あわよくば一緒に謎と解きして、一緒にキャハハウフフして、一緒に面白写真を撮るような人がいたらそれは特別な思い出になったでしょうに。(永遠に無理)

『因習の村にて』プレイ

このブログのこの記事に関してはネタバレは多分あります。
ご注意ください。



久しぶり参加型のミステリ演劇です。
公式からネタバレ解禁が出たので、部分的にネタバレしていきます。


「因習の村にて」(カスタムプロジェクト)


どうやら前回の公演と犯人が同じ役者さんだったらしいw
いや、前回も行ったんですよ。
でもそれを誰かのツイートで気づいたという。
どんだけ人の顔を覚えられないんだ俺。

もうとにかく色々書こうとして書き切れないので3点だけ。

●純粋に演劇だけでも楽しい
 演劇中はメモをとる必要はありません。(とるのも失礼にあたるから)
 純粋に演劇に集中してください。
 って引き込まれますよ。
●謎(犯人や正解当て)は普通に難しいのでガチで
 ヒントや手がかりは沢山あるはずなのに、あまり当てさせる気はないw
 (忌み子は無視システムは理解できるけど高度すぎだよ~)
 リアル脱出ゲームなんてイージーモードってほどの難易度です。
 本気で考えて本気で悩め。挑んだだけその先に見えるモノがある。
●席は前の方が良い
 時にスクリーンに映し出される場合がありますので、前の方がいいです。
 前回が中途半端に後ろのせいでよく写真の画像が見えませんでした。
 ってか最前列の迫力がすげーのよ。損するから特別な理由がなければ前で見ろ。

あ、もう1点追加。

●来年8月に新作
 これは激しく期待。

果たして3回にわたって連続で同じ役者が犯人を演じるのか。
金田一だと「犯人はほとんどその作品の3人目以内に登場する」「表紙に出てくる第3者は犯人」的な噂と同じように成り立ってしまうのか!?
来年が楽しみでなりません。

というより仮に犯人が同じ役者さんだとしても、全くつまらないことにはなりそうにない!のが不思議。
絶対マストで観るべきです。
料金もお手頃だし、お手頃です。
ぶっちゃけるとそこらのリアル○○ゲームより面白いと思う。
つまらなかったら返金対応してもいいくらい。

『脱走者緊急手術』プレイ

このブログは謎のネタバレはありませんが、イベントの雰囲気や設定の部分的なバレを含んでおります。
ご注意ください。



今日は理想的な休日を過ごせたと思います。
昼と夜は予定があれど、その間が何もない!どうしよう!という所に『当日券あり』の情報が。
昔ちょっとだけアニメを見ていた、くらいのにわかな原作知識でどこまで楽しめるか体当たりです。


「脱走者緊急手術」(よだかのレコード)


よだかさんは安定のクオリティという感じで、他の団体とは違うオリジナルな雰囲気のある公演を行っています(という認識)。
そして過去のコラボものも謎解きとよく擦り合わせたな!?という絶妙なレベルでのコラボ感を出している団体です(という認識)。

だから今回のコラボが発表されたときは
「はいはい、よだかさんだからすごいんだろうな」
くらいの認識でした。

で、参加した結果、
「おぉ!これはすごいぞ!みんな行けよ!」
という感想に変わりました。

もう公演内容が書けないのは当然として、謎がすごいとかそんなレベルではなく、感じられるものは全部感じとけ、という感じです。自分でも何を言っているかわかりません。

5人チーム制でしたが、今回ウチらは4人。うち2人はコラボ好きの初心者さんでした。
謎は決して簡単ではありません。失敗したし。
しかしそれ以上に満足感の高い公演です。
最近はデバッグ中心の謎解き生活(?)でプレイした数は少ないですが、これだけ総合的に満足度の高い謎解き公演はそうないです。
みんな行こう!
(よだかの関係者=ステマではありません)

『謎解きはチバテレを見た後で』プレイ

このブログのこの記事に関しては謎のネタバレは多分あります。
ご注意ください。



チバテレのイベントが海浜幕張駅前でやっていまして。
そこにはチバテレだけでなく、千葉の美味しいもんなどプチ千葉フェスでした。
そこで行われていた謎解きイベントの感想です。
ネタバレ禁止ともいわれてないので、ゆるふわに書いてます。


「謎解きはチバテレを見た後で」(不明)


制作者は不明ですが、少なくとも謎解き業界に携わる人ではないでしょう…だってコレ自分の知ってる謎解きじゃなもん。

ちなみに『勝手にご当地カレー選手権』は量が少ないのがかなりの欠点でしたが概ね良かったです。
それと、食べる前の情報が少なすぎる。
『マヒマヒ』なんて食べ物の名前だと誰が知るか。ずっと「やたら、鶏肉が入ってるな…」と思いながら食べてました。シイラだったんですね。

ちなみに屋外ステージでは子供アイドルが「ようこそジャパリパーク」を歌っていました。
どうしてあの子は(あの子に)あの曲を歌おう(歌わせよう)と思った(思わせた)のかが永遠の謎です。
にしても、まさかこんなところで聞けるとはラッキーでした。

さて、ようやく謎解きの話。
初級・中級・上級の3つがあり、すべて独立しているみたいです。
いずれもQRコードを読み取ってその情報から謎を解く感じのようです。
自分は上級をセレクト。
コードの場所が書いてあるので、その場所に行って、読み取って、読む。
それを5回ほどやったところで終了。
所要時間10分ちょい。

俺(え、これで解けというの?…いや多分犯人はコイツだと思うんだけど、だけど、どう考えても確証ねぇだろ)

そうなんです。
いわゆる容疑者から情報を集めて、犯人がウソをついている、というやつなのですが、情報がかなり一方的で。
これ、推理マトリクスにしてみると…

あれ、矛盾してない!?
犯人だけがウソをついているという情報であるなら、確かに確定できる!
推理マトリクス最強!

ということで現場からは以上です。
ちなみに正解するとクジが引けて、商品券やらグッズなどがもらえます。
自分はサバゲーの無料券をもらいました。ペアとかめっさ微妙や。大人数なら楽しいのだろうけど。

ひとまず、QRコードで周遊というシステムを体験できて良かったです。勉強になりました。
プロフィール

くに

Author:くに
謎がろくに解けないまま5年目に突入しました。
最近はいかに解くかよりいかに楽しむかに重きを置いてます。(逃げ
某団体で謎制作のお手伝いもしてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
リンク